「天才ハッカーが世界をつなげた フェイスブック革命」を観ました。

「天才ハッカーが世界をつなげた フェイスブック革命」を観ました。
どちらかと言えば、表面的な内容ばかりだったのでちょっとがっかりでしたね。
この内容を見るより映画「ソーシャルネットワーク」を観た方が
ザッカーバーグ氏のことをより理解できるのではないかなと思います。

自分としては、もっと技術的な視点でフェイスブックの描かれた放送を
行ってほしかったですね。

ちなみにこの番組、再放送があるのだとか。
見たい人は下記のリンクを参照してください。
おそらくNHKのオンデマンド(有料)でも放送されると思います。

http://www4.nhk.or.jp/anotherstories/x/2017-05-09/10/1251/1453057/

なぜ、自分には仕事用のフェイスブック以外は友だちがいないのだろうかと
少し凹む時があります。じぶんが積極的に友達申請が出来ないのには
何度か全然知らないひとに申請を出してブロックされた経緯などもあり
なかなか慎重に友達申請をしないと駄目だったりします。

そして、あまりにもSNSに友だちがいないと、なかなか輪を広げていくのって
難しいなと思います。たぶんかなり労力がいるですね。
まぁいま私生活でリアルに関係のある人でフェイスブックしている人も
いないので・・・良いかなと思っていましたが

番組を見て、それなりにLINE以外にもつながりを持っていたほうが
良いのだなと認識しました。面倒くさそうですが・・・。