お釣りの計算アルゴリズム

// 1.所持金の貨幣枚数を計算
// 2.おつり(1の貨幣から算出可能な金額 – 買い物金額)のリストを算出
// 3.2でもとめたすべての金額について、貨幣枚数を計算
// 4.3の貨幣枚数で一番少ないものを求める

引用元:三十路エンジニアの備忘録+α  http://d.hatena.ne.jp/rockstar2007/20091127/1259327765

お釣りの計算アルゴリズムが結構、面白い。
ちょっとした頭の体操になる気がしますので、上記の解を見ずに
ヒントだけで考えてみると面白いかなと思います。
今回は自販機のお釣りのアルゴリズムなので、紙幣と硬化は制約がありますので
組み合わせを考えてみると案外簡単に作れるのかなと思います。

ある意味力技みたいな感じかな?

この頃、頭が固くなる一方なのでこういうのが事を考えて
コードは書かないという・・・じぶんですが考えて順立てするだけでも
全然違うのかなと思います。