どうする?どうしよう?与えられた選択肢。

与えられた選択肢があったとする。
どれを選んでもそんなに良い結果じゃない。
あの時、アレを選んでいれば良かったと思う人も多いと思いますが
どちらを選んでも、そんなに良い結果は出ない。

なぜ、出ないかと言えば環境は良くても
じぶんがその環境に等しくない場合(そぐわない)は
良い結果を出すことは出来ないし、満足することはない。

もし満足する結果を出したければ
じぶんとその環境が等しいと思う環境を選ぶ事をオススメします。

結局のところ、環境を変えるのではなく
じぶんがその環境に適応できるように努力することが
一番、満足する結果につながると感じます。

上記のような本が出版されるぐらい
みんな環境に不満を感じて生きているのでしょう。

建前と本音、上記が建前だとすると下記が本音にあたる文言です。

置かれた場所で咲きなさい、置かれた環境が良ければ
自然と花は咲きますが、環境が悪ければ花は咲かない、
ひどい場合は花が枯れてしまいます。

じぶんが思うに、環境というのは
すごく大事です。なのでこれから就活する人は
じぶんに合った環境の職場を探すことをオススメします。

その時、今まで勉強したことが活かせる環境を選びがちですが
実際、その職業が天職だとは限らない場合が多いので
いろいろな分野の職業をリサーチして就職活動を行ったほうが有利です。

一度、その職業に就くと転職する際、どうしても職歴で
同じような職種に就くことが多くなってしまいますし、なかなか
異業種へ転職することが難しくもなります。

なので、最初が肝心です。