片言の日本語より。

昨日、電話ごしに片言の日本語を話していたら
たらい回しされ、ようやく意味のわかる開発者の担当と話ができて
やっと意味の通じる人と話ができたと安堵。

片言の日本語しか話すことが出来ない。
文章は片言ではないけど、会話は片言な言葉が多く相手に意味が通じないことが多い
そんなことは重々承知しているじぶんですが、これどうも脳内変換が
うまくいっていないのが問題なのではないかと思っている。

なので、子供の時なら良いが大人になるに連れ、
ひとと距離を持たれることが多くなった。
何度か治そうと試みたが、やはり治らないので開き直っている。

距離を持つひとはそれで良いやという感じですね。

ちなみに小学生の時から
変わった子でしたので、おとなになっても
他の人より変わった大人なのです、年相応とか無理ですね。
たぶん、じぶんを例える大人がいるとするならば蛭子さんかなと思います。