農業が変わっていく。

農業の仕事に就きたい都会の若者たちがいる。
農業の仕事に就きたい若者たちがいる。

ネットを駆使して配信し、自らネット販売を行っている農家さん
も増えつつあります。

農業のスタンスも2020年あたりから
変わるように思えてなりません、そして
変化に敏感な農家さんは先に進んでいる。

農家さんの世代交代が進んでいるということと
ネット販売は明確に繋がっていると感じます。

逆に言えば、いまネットに参入するべきかも
まだ間に合うと思います、あと数年もすれば農業という
ジャンルも飽和状態になる。

みんな、ネット参入が当たり前になると
基本的に儲からないですね、早く始めた人の勝ちです。
ネットの検索優位にドメイン年数は大きいですし
先に始めた人のほうが認知度はやはり高い。

ちなみにネット広告宣伝は今や誰しも行っています。
おそらく農業というジャンルは競争倍率も他より低い可能性が
高いので今ならクリック単価も安いと・・・。

広告クリックして購入してくれる人これが結構シビアですね、
SNSと広告をうまく使用してという事かなと思います。
最終的には質と対応がモノを言うと思います、。

※スコップを売るひとの話をご存知ですか?