通信の疎通よりも。

pingとは疎通しているかどうかを確認すること。
ひとも疎通確認ができればなんて楽なんだろうかと思います。

この頃、ある企業へ問い合わせを行ったけど
たらい回しされやっと開発部門へ問い合わせする
事ができて、あっという間に問題解決したという事があった。

問題なのは基本的に自分の言い回しなのだけど
通じる通じないはその人の理解度かなと思っています。
自分の宇宙語が理解できる人は、それなりにその分野を理解している
人です。理解できない人は普通の人なのだと思っています。

なにせ、説明が自分で言うのも何ですが下手です。

ちなみに専門用語は覚えているのですが、アスタリスクやハイフンなど
普通の人でも読み方を知っている言葉を覚えていなく。
バックスラッシュなどは覚えている始末・・・。

ある意味、飛んでいるのかもしれない。