駄目ブログ=批判ブログ

批判ブログを書いていて良いことはない。
人を蔑んでいると自分にそれは知らないうちに返ってくる。
これは本当にそうなんだということを気づかない人が多くいるが
巡り巡って、結果的にそうなることはある。

それとは逆に良かれと思って書いたことが
自分の意志とは別に言葉狩りあったり
恨まれたりすることもある。そうなったときに
自分の意志を持って発信したものなら、すぐに崩れることは
無いが、そうでない場合は崩れる事は時間の問題だと。

ちなみに自分のブログは基本的に
自分へのメッセージとしてこの頃は書くことが多い、
もしくは、純粋な日記として残す事が多い。