Photo by Worldspectrum on Pexels.com

サトシ・ナカモト。ビットコインの発案者。

20231120

Logging

おはようございます。ビットコインの発案者である、サトシ・ナカモトを知っていますか?

サトシ・ナカモトは、ビットコインの発案者として知られていますが、その正体は未だに不明です。2008年に発表された論文「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」において、サトシ・ナカモトはビットコインのコンセプトと技術的な詳細を初めて紹介しました。彼はビットコインの初期のコードも書き、コミュニティと連絡を取りながらプロジェクトを進めました。

サトシ・ナカモトは、ビットコインが中央銀行や政府のような中央集権的な組織を必要とせず、ピアツーピアで直接取引ができる仮想通貨としての可能性を提唱しました。彼のビジョンは、分散型台帳技術(ブロックチェーン)を基盤に置き、ユーザー同士が信頼性のあるトランザクションを行うことを重視していました。

しかし、2010年にサトシ・ナカモトはプロジェクトから離れ、その後の消息は分かっていません。彼の正体は仮名であり、本名や身元は一切明らかにされていません。ビットコインの発展は、サトシ・ナカモトのビジョンに基づいてコミュニティによって継続され、仮想通貨とブロックチェーン技術は世界中で注目を集めるようになりました。

そんなサトシ・ナカモトのことをBS1で今月の26日に放送されます結構楽しみです。番組名は市民Xです。ちなみにこの番組のダイジェストをNHKプラスで放送されています。そちらは今日までネットで放送中ですね👍。

明日へ続く。

著者名  @taoka_toshiaki

Profile
高知県在住の@taoka_toshiakiです、記事を読んで頂きありがとうございます.
数十年前から息を吸うように日々記事を書いてます.たまに休んだりする日もありますがほぼ毎日投稿を心掛けています😅.
SNSも使っています、フォロー、いいね、シェア宜しくお願い致します🙇.
SNS::@taoka_toshiaki

タグ

A Peer-to-Peer Electronic Cash System, Bitcoin, bs, サトシ・ナカモト, ダイジェスト, トランザクション, ピアツーピア, ビジョン, ビットコイン, ブロックチェーン, 中央集権的, 仮名, 仮想通貨, 分散型台帳技術, 基盤, 本名, 正体, 消息, 論文, 身元,