javascriptを勉強中

var a = 3;
var b = 10;
var obj = {
        hoge:function(a){
            a = a + a;
            return a;
        },
        a:a = a && 5,
        b:b = b || 3
    };
    
console.log(obj.hoge(2));
console.log(obj.a);
console.log(obj.b);

上記のCodeを動かすと仕事と表示されます(笑)、4,5,10と表示されます。
何故そうなったかを考えるとキリがないのでそういうものだと
思ったほうが良いかもしれないです。

説明するとhogeはオブジェクトです。あとは変数とIF文の省略系を
記述しているだけです、実際は=もいらないですが・・・。
わかりやすく自分なりに記載したつもりです。

javascriptライブラリってこういうのが何百行も記載して成り立っていますが
概念はこういう事です。自分は基本的に概念しか覚えないのです。
何故、そうしているか・・・自分が怠惰な人間だからです。

 

グーグルアーススタジオ(Google EarthStudio)って面白そうですね。

グーグルアーススタジオ(Google EarthStudio)って面白そうですね。
Google Earthに録画機能が付いたものだと思ったらわかりやすいかも。
今の所、誰もが使用することが出来る機能ではないけれど
いずれは誰もが使用できるサービスになるみたいです。

ブロックエディタとクラッシックエディタ

WordPress5.0になりそろそろブロックエディタに切り替える準備を
しているみたいだけど、各プラグインはまだ対応していないみたいだな…。
そもそもブロックエディタってどうなのか?

クラッシックエディタの方が良くない?
っていう意見が多いのはおそらく使い慣れたからとプラグインが
対応していないのが原因なのだけど、対応すれば
ブロックエディタでも良いかもなと思っています。

WordPress5.0・・・仕様もだんだん変わっていくのかな。
ついていくには触れるべしだけど、
自分は当分クラッシックエディタで良いです。

 

DropFTPを配布。

ドップして一つのファイルを転送するソフトを作りました。
こんなのどうしているのかと疑問を持つ人もいると思いますが
業務上、こんなソフトが要るという会社などもいるのではないかと
思いで作りました。

ダウンロードはこちらから
https://zip358.com/tool/DropFTP.zip

ソースコードは下記になります。
※FTP部分はWinSCPのライブラリを使用しています。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows.Forms;
using WinSCP;

namespace dropFTP
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        public Form1()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private void upbtn_Click(object sender, EventArgs e)
        {

            String err = "";

            if (hostText.Text == "") {
                err += "ホスト名が設定されていません\n";
            }

            if (idText.Text == "")
            {
                err += "IDが設定されていません\n";
            }

            if (passText.Text == "")
            {
                err += "passが設定されていません\n";
            }

            if (remText.Text == "")
            {
                err += "アップロード場所が設定されていません\n";
            }

            if (uplab.Text == "")
            {
                err += "アップロードファイルが設定されていません\n";
            }

            var RadioGroup = groupFTP.Controls.OfType<RadioButton>().SingleOrDefault(rb => rb.Checked == true);
            if (RadioGroup == null) {
                err += "アップロード環境が設定されていません\n";
            }

            if (err != "")
            {
                MessageBox.Show(err);
            }
            else {
                if (RadioGroup.Text == "FTP") {
                    upFTP();
                }
                if (RadioGroup.Text == "SFTP")
                {
                    upSFTP();
                }

            }
        }

            private int upFTP() {
            try
            {
                // Setup session options
                SessionOptions sessionOptions = new SessionOptions
                {
                    Protocol = Protocol.Ftp,
                    HostName = hostText.Text,
                    UserName = idText.Text,
                    Password = passText.Text,
                    PortNumber =int.Parse(portText.Text)
                };

                using (Session session = new Session())
                {
                    // Connect
                    session.Open(sessionOptions);

                    // Upload files
                    TransferOptions transferOptions = new TransferOptions();
                    transferOptions.TransferMode = TransferMode.Binary;

                    TransferOperationResult transferResult;
                    if (remText.Text.EndsWith("/"))
                    {
                        transferResult = session.PutFiles(@uplab.Text, remText.Text, false, transferOptions);
                    }
                    else
                    {
                        transferResult = session.PutFiles(@uplab.Text, remText.Text + "/", false, transferOptions);
                    }
                    // Throw on any error
                    transferResult.Check();

                    // Print results
                    foreach (TransferEventArgs transfer in transferResult.Transfers)
                    {
                        MessageBox.Show("アップロードしました");
                    }
                }

                return 0;
            }
            catch (Exception e)
            {

                MessageBox.Show("Error: {0}" + e);
                return 1;
            }

        }
        private int upSFTP()
            {
                try
                {
                    // Setup session options
                    SessionOptions sessionOptions = new SessionOptions
                    {
                        Protocol = Protocol.Sftp,
                        HostName = hostText.Text,
                        UserName = idText.Text,
                        Password = passText.Text,
                        PortNumber = int.Parse(portText.Text),
                        GiveUpSecurityAndAcceptAnySshHostKey = true
                    };

                using (Session session = new Session())
                {
                    // Connect
                    session.Open(sessionOptions);

                    // Upload files
                    TransferOptions transferOptions = new TransferOptions();
                    transferOptions.TransferMode = TransferMode.Binary;

                    TransferOperationResult transferResult;
                    if (remText.Text.EndsWith("/")) { 
                        transferResult = session.PutFiles(@uplab.Text, remText.Text, false, transferOptions);
                    } else { 
                        transferResult = session.PutFiles(@uplab.Text, remText.Text + "/", false, transferOptions);
                    }
                        // Throw on any error
                        transferResult.Check();

                        // Print results
                        foreach (TransferEventArgs transfer in transferResult.Transfers)
                        {
                        MessageBox.Show("アップロードしました");
                        }
                    }

                    return 0;
                }
                catch (Exception e)
                {

                    MessageBox.Show("Error: {0}" + e);
                    return 1;
                }

            }

            private void Form1_DragDrop(object sender, DragEventArgs e) {
            //e.Effect = DragDropEffects.Copy;
            string[] fileName = (string[])e.Data.GetData(DataFormats.FileDrop, false);
            uplab.Text = fileName[0];

        }

        private void Form1_DragEnter(object sender, DragEventArgs e)
        {
            e.Effect = DragDropEffects.Copy;
        }

        private void radioSFTP_CheckedChanged(object sender, EventArgs e)
        {
            portText.Text = "22";
        }

        private void radioFTP_CheckedChanged(object sender, EventArgs e)
        {
            portText.Text = "21";
        }

        private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
        {
            this.FormBorderStyle = FormBorderStyle.FixedSingle;
            this.MaximumSize = this.Size;
            this.MinimumSize = this.Size;
        }
    }


}

いろいろエディタやIDEを試してみてこれが良いかなと。

IDEとエディタの境目あたりで言えばATOMVisual Studio Codeですね。
IDEでPHPを使用するならばNetBeansかなと思います。
ATOMに関してはいろいろ試してみてこれだけのプラグインをインストールすれば
それなりに開発しやすいですよ。

auto-encoding
autocomplete
japanese-menu
linter-php
v-bootstrap4

これを入れてあとはPHPで開発するならばPHPのインストールも
お忘れなく。

ちなみにVisual Studio Codeの方が安定しています。
間違いなくシェアはこちらのほうが多いです。
会社でもVisual Studio Codeを使う人が多くなってきています。

サクサク動くので使用しやすいですね。
Visual Studio Codeでも上記と同じようなことがプラグインや
基本設定から可能です。

特に開発環境がUTF-8だけではない環境の方は
基本設定のここをONにしてあげると便利です。

“files.autoGuessEncoding”: true

WordPress自動日本語タグを吐き出しプラグインを作りました。

WordPress自動日本語タグを吐き出しプラグインを作りました。
あのjapanese autotagというプラグインと考え方は同じですが、
自分が作ったものはその簡略化したものです。

ソースコードは全ったく違う感じですが、動作は似たような感じです。
機能はjapanese autotagよりかは少ないですが、これだけで十分かなと思います。

ダウンロードはこちらから
https://zip358.com/tool/jp-auto-tag.zip

尚、Yahoo デベロッパーのアプリケーションIDが必要となります。

ソースコードは下記になります。

<?php
/*
Plugin Name: jp-auto-tag
Version: 0.1.11
Description: auto jp tag
Author: taoka toshiaki
Author URI: https://zip358.com/
Plugin URI: https://wordpress.org/extend/plugins/jp-auto-tag/
*/

class jp_auto_tag{
    
    public $db_option = "jp_auto_tag";
    //api
    public $results = "ma";
    public $filter = array("1","2","3","4","5","6","7","8","9","10","11","12","13");

    function frm_page(){
        add_menu_page('jp-auto-tag','jp-auto-tag',  'manage_options', __FILE__, array($this,'show_text_option_page'), '',8);
    }
    
    function show_text_option_page(){
        wp_enqueue_style( 'bootstrap', 'https://maxcdn.bootstrapcdn.com/bootstrap/3.3.6/css/bootstrap.min.css', array(), '3.3.6' );
        wp_enqueue_script( 'bootstrap', 'https://maxcdn.bootstrapcdn.com/bootstrap/3.3.6/js/bootstrap.min.js', array(), '3.3.6'); 
        
        $options = get_option($this->db_option);
        if(!empty($options)){
            $appid = $options["appid"];
            foreach ($this->filter as $key => $value) {
               if($options["filter".$value] == $value){ 
                    $f[] = "checked";
               }else{
                   $f[] = "";
               }
            }
        }
        include_once dirname( __FILE__ ).'/jp-auto-tag-tmp.php';
    }
    
    function ajax_event(){
        
        $appid = $_POST["appid"];
        $filter =$_POST["filter"];
        
        $options["appid"] = $appid;
        
        foreach ($this->filter as $key => $value) {
            if(in_array($value,$filter,true)){
                $options["filter".$value] = $value;
            }else{
                $options["filter".$value] = "";
            }
        }
        
        update_option($this->db_option, $options);
        
        
        $obj["appid"] = $appid;
        $obj["filter"] = $filter;
        
        
        print json_encode($obj);
        die(0);
    }
    
    
    function api_tag($post_id){
ini_set("display_errors",1);
        $post = get_post($post_id);
        $title = $post->post_title;
        $content = strip_tags($post->post_content);
        $sentence = $title.$content;
        if(strlen($sentence)>102400){
            $sentence = substr($sentence,0,102400);
        }
        
        $options = get_option($this->db_option);
        if(!empty($options)){
            $appid = $options["appid"];
            foreach ($this->filter as $key => $value) {
               if($options["filter".$value] == $value){ 
                    $f[] = $value;
               }
            }
        }        

        if($appid){
            $filter = implode("|",$f);
            if(!$filter){
                $url = "https://jlp.yahooapis.jp/MAService/V1/parse?appid=$appid&results=$this->results&sentence=".urlencode($sentence);
            }else{
                $url = "https://jlp.yahooapis.jp/MAService/V1/parse?appid=$appid&results=$this->results&ma_filter=$filter&sentence=".urlencode($sentence);
            }

            $xml = @file_get_contents($url);
            $xml_obj = simplexml_load_string($xml);  
            if($xml_obj->ma_result->word_list){
                foreach($xml_obj->ma_result->word_list->word as $word) {
                    if($word->surface){    
                        $tags[] = $word->surface;
                    }
                    if(is_array($tags)){
                        wp_set_post_tags($post_id, implode(",",array_unique($tags)), false);
                    }
                }
            }
        }
       
    }
    
}

$jp_auto_tag = new jp_auto_tag();

add_action('save_post',array($jp_auto_tag,'api_tag'));
add_action('publish_post',array($jp_auto_tag,'api_tag'));
add_action('admin_menu', array($jp_auto_tag, 'frm_page'));
add_action('wp_ajax_ajax_event',array($jp_auto_tag,'ajax_event'));
<form id="ajax-frm">
<table class="table">
    <tr>
        <td>
            アプリケーションID
        </td>
        <td>
            <input type="text" name="appid" value="<?=$appid?>" class="form-control">
        </td>
    </tr>
    <tr>
        <td>
            解析結果として出力する品詞
        </td>
        <td>
            <input type="checkbox" name="filter[]" value="1" <?=$f[0]?>  class="form-control">1 : 形容詞
            <input type="checkbox" name="filter[]" value="2" <?=$f[1]?> class="form-control">2 : 形容動詞
            <input type="checkbox" name="filter[]" value="3" <?=$f[2]?> class="form-control">3 : 感動詞
            <input type="checkbox" name="filter[]" value="4" <?=$f[3]?> class="form-control">4 : 副詞
            <input type="checkbox" name="filter[]" value="5" <?=$f[4]?> class="form-control">5 : 連体詞
            <input type="checkbox" name="filter[]" value="6" <?=$f[5]?> class="form-control">6 : 接続詞
            <input type="checkbox" name="filter[]" value="7" <?=$f[6]?> class="form-control">7 : 接頭辞
            <input type="checkbox" name="filter[]" value="8" <?=$f[7]?> class="form-control">8 : 接尾辞
            <input type="checkbox" name="filter[]" value="9" <?=$f[8]?> class="form-control">9 : 名詞
            <input type="checkbox" name="filter[]" value="10"<?=$f[9]?>  class="form-control">10 : 動詞
            <input type="checkbox" name="filter[]" value="11"<?=$f[10]?>  class="form-control">11 : 助詞
            <input type="checkbox" name="filter[]" value="12"<?=$f[11]?>  class="form-control">12 : 助動詞
            <input type="checkbox" name="filter[]" value="13"<?=$f[12]?>  class="form-control">13 : 特殊(句読点、カッコ、記号など)
        </td>
    </tr>
    <tr>
        <td colspan="2"><input type="button" id="frmsubmit" value="登録する" class="form-control"></td>
    </tr>
</table>    
</form>
<script>
    jQuery(function($){
        $("#frmsubmit").on("click",function(){
            var ajaxurl = '<?=admin_url( 'admin-ajax.php');?>';
            var data = $("#ajax-frm").serializeArray();
            data.push({name:"action",value:"ajax_event"});
            $.ajax({
               type:'POST',
               url:ajaxurl,
               data:data,
               success:function(obj){
                   console.log(obj);
                   if(obj.appid!==""){
                       alert("更新しました");
                   }
               }
            });
            
        });
    })
</script>

javascriptでテキストファイルやCSVファイルを読み込む方法。

javascriptでテキストファイルやCSVファイルを読み込む方法は下記になります。
この他に、jqueryだとajaxを使用して読み込む方法などもありますが、あえて
javascriptで記述しています。

rt();
function rt(){
    var xmlHttp = new XMLHttpRequest();
    xmlHttp.open("GET","xxx.txt",true);
    xmlHttp.send(null);
    xmlHttp.onload = function(){
        var data = xmlHttp.responseText;
    }
}

 

プロセス残してSSHログアウトする方法。

screenっていうコマンドを使用するとプロセス残してSSHログアウトする事ができます。ちなみにscreenというコマンドは仮想ウィンドが立ち上げる機能です。

まずscreenをインストールし、実行したいコマンドを実行します。
実行すると仮想ウィンドが立ち上がります。
立ち上がっている画面の確認はlsで確認することが可能。
その画面を読み込むときは-r を使用します。
lsで表示されているプロセスID(PID)を記入してコマンドを実行することで再接続することが可能となります。

yum -y install screen
screen php test.php
screen -ls
screen -r PID

jQueryの基礎1

世の中、javascriptへの原点回帰が進んでいますが
だからといって、jqueryが無くなるかといえばそうでもない気がします。

トイウコトデ、jqueryの基礎的なデモページを作成しました。
ご参考程度どうぞ。
これから毎週1回以上、プログラムのデモ的な内容をUPしていきます。
自分の勉強や復習の意味合いも兼ねています。
プログラム言語はPHP、JS、C#が主の掲載となります。

https://zip358.com/tool/demo1/demo1.php

$(function(){
    $(".alert.alert-danger").html("未記入です");
    $("input").keyup(function(){
        if($(this).val()){
            $(".alert.alert-danger").eq($("input").index(this)).html($(this).val());
        }else{
            $(".alert.alert-danger").eq($("input").index(this)).html("未記入です");
        }
    });
    $("input").blur(function(){
        if($(this).val()){
            $(".alert.alert-danger").eq($("input").index(this)).html($(this).val());
        }else{
            $(".alert.alert-danger").eq($("input").index(this)).html("未記入です");
        }
    });
    $("input").focus(function(){
        if($(this).val()){
            $(".alert.alert-danger").eq($("input").index(this)).html($(this).val());
        }else{
            $(".alert.alert-danger").eq($("input").index(this)).html("未記入です");
        }
    });    
});

さくらレンタルサーバーとかで制限以上のクロンタブ(crontab)を使う方法。

さくらレンタルサーバーとかで制限以上のクロンタブ(crontab)を使う方法
10年ぐらいまえのコードを見直して改善したコードが下記になります。
10年前はクラスを使わない方法で構築したのだけど、今回はクラスの概念を
使って構築。ここ何年かで自分のコーディングの技術は上がっているかといえば
そうでもないですが、昔よりかは技術の幅は広がっていると思いたいw
※qiita日付は数年前にUPしたのですけど、コード自体は10年前のコードです。

 

<?php
//五分置きのクロンを走らせてください。
//php5.6以上推奨? エラーの場合:explodeを見直してください 
class cronphp2{
    
    public $set = array(
            array("file"=>"/home/tool/test1.php","year"=>"*","month"=>"*","day"=>"*","hour"=>"*","minute"=>"*"),
            array("file"=>"/home/tool/test2.php","year"=>"2018","month"=>"7","day"=>"7","hour"=>"*","minute"=>"*/10"),
            array("file"=>"/home/tool/test3.php","year"=>"*","month"=>"*","day"=>"7","hour"=>"7","minute"=>"7")
        );
    
    
    function __construct(){
        if(is_array($this->set)){
            foreach ($this->set as $key => $value) {
  
                    if(!$this->chk($value["year"],"year"))continue;
                    if(!$this->chk($value["month"],"month"))continue;
                    if(!$this->chk($value["day"],"day"))continue;
                    if(!$this->chk($value["hour"],"hour"))continue;
                    if(!$this->chk($value["minute"],"minute"))continue;
                    if(!$value["file"])continue;       
                    $h = @shell_exec("/usr/local/bin/php -f ",$value["file"]);
                    print $value["file"];
                    var_dump($h);
                
            }
        }
    } 
    
    function chk($q1="",$q2=""){

        if(!$q1)return false;
        if(!$q2)return false;
        switch ($q2) {
            case "year":
            case "month":                
            case "day":   
                $ren = array("year"=>"Y","month"=>"n","day"=>"j");
                if($q1==="*"){return true;}
                if(is_numeric($q1)){
                    if((int)$q1 == date($ren[$q2])){return true;}
                }else{
                    return false;
                }
                break;
           case "hour":
           case "minute":
                $ren = array("hour"=>"H","minute"=>"i");
                if($q1==="*"){return true;}
                if(is_numeric($q1)){
                    if((int)$q1 == date($ren[$q2])){
                        return true;
                    }else{
                        return false;
                    }
                }else{
                    if(preg_match("/\*\//",$q1)){
                        $q = explode("*/",$q1)[1];
                        if(date($ren[$q2])%(int)$q==0){
                            return true;
                        }else{
                            return false;
                        }                       
                    }
                    return false;
                }
                break;
            default:
                return false;
                break;
        }
        
        return false;
     }
}
$crn = new cronphp2();