さくらレンタルサーバーとかで制限以上のクロンタブ(crontab)を使う方法。

さくらレンタルサーバーとかで制限以上のクロンタブ(crontab)を使う方法
10年ぐらいまえのコードを見直して改善したコードが下記になります。
10年前はクラスを使わない方法で構築したのだけど、今回はクラスの概念を
使って構築。ここ何年かで自分のコーディングの技術は上がっているかといえば
そうでもないですが、昔よりかは技術の幅は広がっていると思いたいw
※qiita日付は数年前にUPしたのですけど、コード自体は10年前のコードです。

 

<?php
//五分置きのクロンを走らせてください。
//php5.6以上推奨? エラーの場合:explodeを見直してください 
class cronphp2{
    
    public $set = array(
            array("file"=>"/home/tool/test1.php","year"=>"*","month"=>"*","day"=>"*","hour"=>"*","minute"=>"*"),
            array("file"=>"/home/tool/test2.php","year"=>"2018","month"=>"7","day"=>"7","hour"=>"*","minute"=>"*/10"),
            array("file"=>"/home/tool/test3.php","year"=>"*","month"=>"*","day"=>"7","hour"=>"7","minute"=>"7")
        );
    
    
    function __construct(){
        if(is_array($this->set)){
            foreach ($this->set as $key => $value) {
  
                    if(!$this->chk($value["year"],"year"))continue;
                    if(!$this->chk($value["month"],"month"))continue;
                    if(!$this->chk($value["day"],"day"))continue;
                    if(!$this->chk($value["hour"],"hour"))continue;
                    if(!$this->chk($value["minute"],"minute"))continue;
                    if(!$value["file"])continue;       
                    $h = @shell_exec("/usr/local/bin/php -f ",$value["file"]);
                    print $value["file"];
                    var_dump($h);
                
            }
        }
    } 
    
    function chk($q1="",$q2=""){

        if(!$q1)return false;
        if(!$q2)return false;
        switch ($q2) {
            case "year":
            case "month":                
            case "day":   
                $ren = array("year"=>"Y","month"=>"n","day"=>"j");
                if($q1==="*"){return true;}
                if(is_numeric($q1)){
                    if((int)$q1 == date($ren[$q2])){return true;}
                }else{
                    return false;
                }
                break;
           case "hour":
           case "minute":
                $ren = array("hour"=>"H","minute"=>"i");
                if($q1==="*"){return true;}
                if(is_numeric($q1)){
                    if((int)$q1 == date($ren[$q2])){
                        return true;
                    }else{
                        return false;
                    }
                }else{
                    if(preg_match("/\*\//",$q1)){
                        $q = explode("*/",$q1)[1];
                        if(date($ren[$q2])%(int)$q==0){
                            return true;
                        }else{
                            return false;
                        }                       
                    }
                    return false;
                }
                break;
            default:
                return false;
                break;
        }
        
        return false;
     }
}
$crn = new cronphp2();

Twitterの画像を抽出、非API

Twitterの画像を抽出、非API

Goutteライブラリを使用してTwitterのメディアを抽出するだけで
APIを使用せずに17枚の画像が抽出することが可能。

これを改良してスクロールさせながらってのは出来ないのではないかな
特にVPSじゃないレンタルサーバーなどでは不可能じゃないのかと思います。

require_once './vendor/autoload.php';
use Goutte\Client;
$client = new Client();
$crawler = $client->request('GET','https://twitter.com/xxxx/media');

$img = $crawler->filter(".AdaptiveMedia-photoContainer.js-adaptive-photo img")->each(function ($node){
return $node->attr('src');
});