Standard PHP Library(SPL)というライブラリーには便利な関数が入っている。

The Standard PHP Library (SPL) は、標準的な問題を解決するためのインターフェイスやクラスを集めたものですと公式ページに書かれている通り
便利な関数です。例としてspl_autoload_registerを紹介。
ぐぐるとどんな機能なのか書かれているので割愛してます。

<?php
spl_autoload_register(function($name){
    include __DIR__ . DIRECTORY_SEPARATOR ."class" . DIRECTORY_SEPARATOR . $name . '.php';
});

$class_demo = new class_demo();

全ての定義済の変数を配列で返す

全ての定義済の変数を配列で返す関数です。
全てなのでとってきて欲しくないものまでも取ってきます。
なのでそういうのはunsetします。
ちなみに似たようなのでcompactという関数がPHPには存在します。

何に使用する場合に便利かは人それぞれ違いますが
自分の場合はテンプレートエンジンを使用するときに重宝してます。
テンプレートエンジン・・・TwigやSmartyなど

<?php

$a = "abc";
$b = array(1,2,3);
$c = 123;

$vars = get_defined_vars();
unset($_COOKIE);
unset($_POST);
unset($_GET);
unset($_FILES);
unset($GLOBALS);
foreach ($vars as $key => $value) {
    var_dump($key);
    var_dump($value);
}
//...
var_dump($vars);

 

ネームスペースの利点はこれだと思っている。

ネームスペースの利点はこれだと思っている。
複数人で開発とかしているときに関数名やクラスなどが
かぶってしまう可能性ある、そういうのを
解決してくれるのがネームスペースということです。

<?php
namespace test\demo;

class test{
    function demo():string
    {
        return "demo1\n";
    }
}

namespace test\demo2;
 
class test{
    function demo():string
    {
        return "demo2\n"; 
    }
  }

 

<?php
include_once "./index-6.php";

$demo = new  test\demo\test();
print $demo->demo();
$demo = new  test\demo2\test();
print $demo->demo();

PHP忘れてしまいそう。

こういう書き方とか書かなかったら忘れてしまいそうですね。
クラスの多重継承とか職場ではそもそもしない。Functionで十分な感じで
この頃、ろくなコードを書いていません。FunctionからFunctionへなんて
コードを書いてたりしています。

 

<?php

function demo1(int $val=0):int
{
    return 3 * 3 * $val;
}

print demo1(3);


class demo2
{
    public static function test1():string
    {
        return "ABC";
    }
}

$demo2  = "demo2";
print $demo2::test1();


trait demo3
{
    public static function test2($val=""){
        return $val;
    }
    
}

class demo4 
{
    public static function test3($val = "")
    {
        return $val;
    }
}

class demo5 extends demo4
{
    use demo3;
    public static function test4($val = "")
    {
        return $val;
    }
}

$demo5 = 'demo5';
print $demo5::test2(1);
print $demo5::test3(2);
print $demo5::test4(3);

PHPでバインドするこれでSQLの脆弱性が!?

上記の画像では脆弱性がある。

PHPでバインドするこれでSQLの脆弱性が解決してくれる?
こういう記述すると良さげ。
おまけでSQLデバッグ方法を書いとります。

<?php
$sql =<<<SQL
select * from demo where id = :id and namae = :hoge;
SQL;
$dbh = new PDO('mysql:host=localhost;dbname=test', $user, $pass);
$id = 123;
$hoge = "hoge";
$sth = $dbh->prepare($sql);
$sth->bindValue(':id', $id, PDO::PARAM_INT);
$sth->bindValue(':hoge', $hoge, PDO::PARAM_STR);
$sth->execute();

//mysql log?https://github.com/panique/pdo-debug:$sth->debugDumpParams();

$fval = array(
    ':id'=>1,
    ':name'=>"hoge"
);
$sth = $dbh->prepare($sql);
$sth->execute($fval);
print PdoDebugger::show($sql, $fval);
$sth->debugDumpParams();

WordPressの全記事の中からランダムで記事をピックアップしてツイートする。

WordPressの全記事の中からランダムで記事をピックアップしてツイートする。
実際、自分の階層に合わして呼び出しを変更してください。
なお、さくらレンタルサーバーでクロンの設定をして自動投稿できます。
ライブラリの設置などは割愛してます。

<?php
// cron:: cd /home/user/www/zip358.com/site/tw; /usr/local/bin/php tw.php

require_once ('../../wp-load.php');
require "vendor/autoload.php";
use Abraham\TwitterOAuth\TwitterOAuth;

$consumer_key = "XXXXXXXXXXXXXX";
$consumer_secret = "XXXXXXXXXXXX";
$access_token = "XXXXXXXXXXXXXX";
$access_token_secret = "XXXXXXXXXXXXXXX";

$to = new TwitterOAuth($consumer_key,$consumer_secret,$access_token,$access_token_secret);



$args = array(
	'posts_per_page' => 1,
    'orderby' => 'rand'
);

$posts = get_posts($args);
foreach ( $posts as $val ){
    $href =  get_permalink($val->ID);
    $title = get_the_title($val->ID);
    $res = $to->post("statuses/update", array("status" => $title . " " . $href));
}

PHPのインターフェイスとやら簡単に言えば。

インターフェイスとはなんぞや?
簡単に言えばこのメソッド名は必ず使えです。
無ければエラーになります。
大規模な開発から中規模な開発時には一応必要かな?

 

<?php
interface  test1{
    public function test_11(int $val=1);
    public function test_12(string $val="000");
}



class demo implements test1{

    public function demo1(int $val=0){
        return $this->test_11($val);
    }

    public function test_11(int $val=1){
        return $val;
    }
    public function test_12(string $val=""){
        return $val;
    }    
}


$demo = new demo();
print $demo->demo1(111);

 

PHPで怒られる怒られない。

PHPで怒られる書き方と怒られない書き方です。
下記のコードを参照ください。

<?php

class demo_php1{

    function demo1($val=""){
        return $val;
    }

    public function demo2($val=""){
        return $val;
    }

    static function demo3($val=""){
        return $val;
    }
}

print demo_php1::demo1("DEMO1\n");
print demo_php1::demo2("DEMO2\n");
print demo_php1::demo3("DEMO3\n");

下記のようにインスタンス(instance)すればこのコードはすべて怒られないです
それだけの違い。ちなみにdemo3は怒られない書き方です。

オブジェクトを単体で使う場合は気をつけましょう。
PHPのバージョンアップするにつれjavaのような動きになってきています。
PHP、Pythonに負けないようにかこの頃開発が活発化してます。
最新はPHP7.4ですからね・・・。

$demo_php1 = new demo_php1();
print $demo_php1->demo1("DEMO1\n");
print $demo_php1->demo2("DEMO2\n");
print $demo_php1->demo3("DEMO3\n");