第何週曜日抽出(検索)システム

第何週曜日かを抽出します。GカレンダーへインポートするCSVファイルを出力することも可能です。

ちなみに今日(2024-07-21)は第曜日です。

その他の無料サービスやご意見ご要望等こちらから


※この第何週曜日抽出(検索)システムを共有(シェア)される方は上記のアイコンをクリックください。


『抽出(計算)する』ボタンを押すと抽出(検索)結果が表示されます。

「第何曜日」とは、特定の日付がその月の中で何番目の特定の曜日にあたるかを示す表現方法です。一般的に、これは日付の相対的な位置を特定するために使用されます。具体的な日付を指定せずに、月内での特定の曜日の位置を特定するための便利な方法とされています。

この表現方法は、毎月同じ曜日や週に特定の予定やイベントを設定する際に役立ちます。例えば、毎月第1火曜日に会議を開催する、第3木曜日にプロジェクトの進捗報告を行う、第4金曜日はチームの休日とする、などのようなケースで利用されます。

日付の計算は、その月の中で該当する曜日を数えて行われます。たとえば、ある月の1日が水曜日であれば、その月の第1水曜日はその日になります。同様に、第2水曜日は、その月の中で2番目に現れる水曜日を意味します。このようにして、特定の曜日の位置を把握することができます。

「第何曜日」の表現方法は、特定の日付が何曜日であるかを数えることなく、月内での予定を計画する際に便利です。特に、月によって日付が変動する月例の予定や、特定の曜日に関連した定期的なイベントを管理するために活用されます。