Where Cards Fallという海外ゲーム

http://store.steampowered.com/app/589450/Where_Cards_Fall/

発売予定日は2018年というWhere Cards Fallというゲームですけど
何だか変わっているなと感じるアドベンチャーゲームです。

トランプという発想は海外ならではかと思います。
日本ではこういう発想のゲームは中々でてこないのではないかと思います。

http://wherecardsfall.com/

こんなゲームが小学生時代にあったのなら
帰宅後が楽しい日々を過ごせるに違いないと。

小学生時代から変わり者だったのか
あまり友達がいなかったので、帰宅後、近所の子と遊ぶか
アニメを見たりゲームしたりすることが
何よりの楽しみでした。

おそらくアニメやゲームが無ければ
鬱っていたかもしれないです。

ちなみに未だに音読があまり出来ないのですが
小学生の時は今以上にヒドい音読でした・・・し
人見知りが非常に強い子でした。

そんな漫画ドラえもんの、のび太みたいな子だった自分が
何とか生きてこられたのもゲームやアニメという
逃げ場所があったから生きてこられたのかもしれません。

昔は注意欠陥障害とか多動性障害とかいう言葉(ADHD)すらなかったのですが
おそらくそれに該当するレベルだったのかもしれません。
そんな自分が言うのも何なんですけど、自由に生きていくことの方が
大事かなと思います。(好きなことをする)

今の世の中、そういう子達を
社会に適応させるため無理に矯正させているようにも
思えるのですね。そういう子達を認める社会は良いでしょうけど
矯正するのは、じぶんとしてはどうかと思う所も有ります。

昔はそういう言葉すらなかったので
ある意味、偏見とかなかったように思えます。

人として大事なのは対等にするという事と相手を敬うという事を
幼い時に身につけることが大事なのかもしれないなと思います。

そういう事って結構、ゲームやアニメから
学んだりするのかなと・・・。