何年。

2016.10.23

記録


1年、2年と経過していくうちに木は年輪を形成していきます。
ひとにも年輪という物があれば良いのにと思う時があります、人が死を迎えた時。
人に年輪が有れば「あぁ~この人の年輪は駄目だね」とか、「この人の年輪は凄いな」とか
いう事が丸わかりになれば、ひとはそれなりに立ち振る舞うようになると思うのです。
まぁトシヲトルニツレテ、顔を見れば大体わかりますね。

年輪(ねんりん、growth ring)は、通常温帯から寒帯の木の断面に生じる同心円状の模様で、成長輪ともいう。成長輪のうち1年に一つずつ増加するものを年輪という。輪状に見えるのは、春期には幹の肥大成長が盛んで、夏期にはゆっくりになるためであり、色の濃い部分は細胞壁が密に、色の薄い部分は細胞壁が疎になっている。熱帯の樹木にはないことがあるが、乾季と雨季があれば乾季には成長が休止するために成長輪が形成される。
イチイの年輪
年輪を数えることで、その木の樹齢を知ることができる。また、年輪には大規模な旱魃や山火事、虫害などの痕跡が残されていることがある。この痕跡と様々な記録を比較することにより、その木の過去の生育環境を調査することができる。
ウィキペディアより抜粋

 

タグ

growth ring, イチイ, ウィキペディア, トシヲトルニツレテ, ねんりん, 乾季, 同心円状, 寒帯, 山火事, 年輪, 成長輪, 旱魃, 春期, 痕跡, 細胞壁, 虫害, 輪状, 通常温帯,