WEBセキュリティと人為的なバグ。

20151206

Logging


先日、人為的なミス(コードミス)のため、何度かテスト用のファイルなどが
WEB上から吹っ飛んで消えちゃったっていう事象が発生した。
原因は自分のコードの書き方のミスだった・・・。
それに気付くまで謎の事象だった。
最初に自分がまず疑ったのがハッキングだったが
サーバ会社からの返答は侵入した痕跡がないとの事で
疑わしきは実行ファイルということだった。
結果、調べていくと実行ファイルのメソッドに
値が入っていなかったため一部のディレクトリを
消して良い所を全部ディレクトリが一括で消していた。
書いたのは自分です。
大体、バグっていうのは書いた本人は気づきにくいもの。
特にエラーがないバグはテストを行った時に出現したりして
そのバグ取りに大体、必死になることが多い。
結局、原因を見つけたのは社長だったという話ですが
今回のことで自社のサーバを持つことになったのが
何とも言えないのだ。
今回の原因は過信と浅いネットワーク知識やWEB知識が
問題になったんだろうと思う。そういう事もあって
WEBセキュリティ教室という本を購入したが・・・
これが今までのsqlインジェクションとかよりも深い内容の
攻撃手法が書かれていて正直、いまの自分には
半分程度の理解しか得れなかった。
 

著者名  @taoka_toshiaki

Profile
高知県在住の@taoka_toshiakiです、記事を読んで頂きありがとうございます.
数十年前から息を吸うように日々記事を書いてます.たまに休んだりする日もありますがほぼ毎日投稿を心掛けています😅.
SNSも使っています、フォロー、いいね、シェア宜しくお願い致します🙇.
SNS::@taoka_toshiaki

タグ

sqlインジェクション, Webセキュリティ教室, エラー, サーバ, サーバ会社, バグ, バグ取り, メソッド, 事象, 何度かテスト用, 全部ディレクトリ, 原因, 実行ファイル, 徳丸浩, 書き方, 浅いネットワーク知識, 痕跡, 過信,