さくらのIotプラットフォームが熱そう!!

20160209

Logging


さくらのIotプラットフォームが熱そう!!
昨日、Xサーバーが良さげと書きましたが(゚Д゚)
さくらのIotプラットフォーム捨てがたいので
継続的にさくらサーバを使わせていただきます(´・ω・`)。
これからは何気にlotが熱そうだと
思います。この技術を必要としている業種は
結構有ったりします。例えば農業とか
今までもデータを蓄積するものはあったと思います。
それがIotでもっと加速しそうです。
ちなみにIotっていうのはこれまでネットに
接続されていなかったモノがインターネットに接続される事を
Iotって言います。

モノのインターネット(Internet of Things、IoT)は、一意に識別可能な「もの」がインターネット/クラウドに接続され、情報交換することにより相互に制御する仕組みである[1]。「Internet of Everything」や「Smart Everything」、「サービスのモノ化」ともいう[2][3][4]。「Internet of Things」という用語は、1999年にケビン・アシュトン(英語版)(Kevin Ashton)が初めて使った用語である[5]。ここでいう「もの」とは、スマートフォンのようにIPアドレスを持つものや、IPアドレスを持つセンサーから検知可能なRFIDタグを付けた商品や、IPアドレスを持った機器に格納されたコンテンツのことである。
引用元:ウィキペディア(*Iot

著者名  @taoka_toshiaki

Profile
高知県在住の@taoka_toshiakiです、記事を読んで頂きありがとうございます.
数十年前から息を吸うように日々記事を書いてます.たまに休んだりする日もありますがほぼ毎日投稿を心掛けています😅.
SNSも使っています、フォロー、いいね、シェア宜しくお願い致します🙇.
SNS::@taoka_toshiaki

タグ

Internet of Everything, Internet of Things, Iotプラットフォーム, IPアドレス, Kevin Ashton, RFIDタグ, Smart Everything, インターネット, ウィキペディア, ケビン・アシュトン, さくら, さくらサーバ, スマートフォン, センサ, 一意, 仕組み, 用語, 英語版,