何者:人の子。この人にも親がいるだと思ったら。

何者
暑い日が続いています(今日は雨)。この頃、冷たいものと扇風機が
欠かせないものになってきています。今日のお題は「何者」です。
何者:人の子。この人にも親がいるだと思ったら
怒りが少し静まると、密壇さんが「久米書店~ヨク分かる!話題の一冊~」の
番組か何かの番組で言っていたけど、これは共感できます。
世の中、反り(ソリ)の合わない人はいるわけです。
でも、そんな人も親がいるです、人の子だということを
考えると怒りが少し静まる気がしませんか?
ある意味、諦めと解釈するしかないかも?
そうなってしまったのは、全てその人が悪いわけではなく。
外的な要素などの集積で、そのような性格になって
しまったのだと考えると怒りが少し静まる気がします。
 
そういう時に思い出したら良いかもしれないと(´Д`)。