文字数[471文字] この記事は1分35秒で読めます.

次に何が流行るのか予想できますか?

20170313

Logging


次に何が流行るのか予想できますか?
多極化だと自分は思っています、昔と違って流行というモノを
追うよりも自分の好きなものや自分が好きな曲など
取り込むでいくというスタンスになると事が
10年先では普通の概念になっていると思います。
「個性」を大事にする時代、「個性」が活躍する時代になるでは
ないかなと、なのでネット社会を中心とした
同じ価値観をもったプラットフォームが続々と登場していく。
そして英語教育を小学生のときから義務教育としてうけた年代が
20代になる頃には、もっとグローバルに活動する時代に
なっています。これは必然だと思いますし、そうなると感じます。
いま、20代、30代、40代の人たちは
英語を学んだほうが得策です、ちなみに自分は英語が全然なんですね。
英語が当たり前になる前に英語は覚えておこうと前々から思っています。
国家試験が終わったら、また英語の勉強をはじめます。
https://www.youtube.com/watch?v=xmsxWmKz-B8
http://tokyoculturestory.com/

57 Views

著者名  @taoka_toshiaki

Profile
高知県在住の@taoka_toshiakiです、記事を読んで頂きありがとうございます.
数十年前から息を吸うように日々記事を書いてます.たまに休んだりする日もありますがほぼ毎日投稿を心掛けています😅.
SNSも使っています、フォロー、いいね、シェア宜しくお願い致します🙇.
SNS::@taoka_toshiaki

タグ

アスキー新書, スタンス, ネット社会, プラットフォーム, 価値観, 個性, 前々, 国家試験, 小学生, 年代, 得策, 必然, 時代, 概念, 義務教育, 英語, 英語教育,