ドロップシッピングのTOPページの仮の仮が出来て思うこと。

2018.07.08

記録


高知県のNTT通信障害が無ければ昨日のうちに
仮の仮ページは作成することができていたように思えてならないのです。
一番、時間がかかったのは商品データの流し込みです。
数時間、流し込みに時間がかかりました・・・orz
(シェルスクリプト走らせて寝てました:起きたら出来てた!)
ちなみに383355点の商品があったのですが、登録できたのは383313点です、
少しSQLエラーで商品がコケちゃっているのです。
まぁ良いかなと、、、。

 
 
 
全商品近く登録すると2Gぐらいの商品データになります。
この中から、売れ筋商品だけをまずチョイスして
TOPページに出力するプログラムを作りましたが意外にも
表示が早くてびっくりです。
やはりMYSQLのINDEXとか設定すると違うんだなと思った次第です。
データが破損したら嫌なんでローカルのデータベースに
ごっそりコピーしています。
最初、850MGのCSVを515円のデータベースへ流し込みを
していたのですが、どうも容量制限よりデータが撥ねられていた可能性が
あります、もしさくらレンタルサーバーとかでドロップシッピングのCSVを
データベースに流し込みするには1500円代以上のサーバをレンタルしないと
いけません。その代金の元を取ることが出来るかどうかは?
構築とサイトデザインとかと・・運用方法が大事になるのかもしれないです。
一番は運用なんだと思います、いかに買いたいなと思わせるのかが
大事になるでしょう。二番目はサイトデザインかなと、怪しげなサイトでは
商品は中々購入しないと思うのです。
この2つが満たしていれば購入する確率は高くなると思います。
いまいろいろなショップサイトデザインを見て勉強しています。
 

タグ

CSV, MYSQL, NTT通信障害, TOPページ, インプレスムック, さくらレンタルサーバー, シェルスクリプト, スキマ時間, データベース, ドロップシッピング, プログラム, 二番目, 副収入, 商品データ, 売れ筋商品, 少しSQLエラー, 流し込み, 高知県,