Photo by rovenimages.com on Pexels.com

仮想解像度という技術で4K。

20231022

Logging

おはよう御座います、仮想解像度という技術で43インチのディスプレイを4Kディスプレイにするとどういう感じになるのか、試してみたところ。文字崩れ(ぼや)はあるものの、こういう感じで4Kでは表示されるのかが分かり、今すぐ欲しいレベルではないなという事がわかったので、43インチ4Kを購入するのは控えることにしました。

いま、4K導入しようか悩んでいる方はエヌビディアの設定機能にDSR/DLDSRがあるのでそこを変更することで仮想解像度が擬似的に作ることが可能です。ちなみに自分は解像度は1980X1080で解像度を2倍まで変更することが可能でした。ビデオボードの性能にもよりますが、仮想解像度を変更することが可能です。

尚、近々、全然関係ないのですがコロナのワクチン接種があります😗、せっかくの休日熱を出したくないので速攻、熱冷ましを飲もうと思っています。

明日へ続く。

著者名  @taoka_toshiaki

Profile
高知県在住の@taoka_toshiakiです、記事を読んで頂きありがとうございます.
数十年前から息を吸うように日々記事を書いてます.たまに休んだりする日もありますがほぼ毎日投稿を心掛けています😅.
SNSも使っています、フォロー、いいね、シェア宜しくお願い致します🙇.
SNS::@taoka_toshiaki

タグ

43インチ, 43インチ4K, 4K, 4Kディスプレイ, DLDSR, DSR, エヌビディア, コロナ, ディスプレイ, ビデオボード, ワクチン接種, 仮想解像度, 休日熱, 性能, 技術, 文字崩れ, , 解像度, 設定機能, 速攻,