巡り巡って(めぐりめぐって)

20151126

Logging

大辞林 第三版の解説より
めぐりめぐって【巡り巡って】
あちらこちらを巡った末に。回り回って。巡りに巡って。 「 ?私のところにきた」
ウィキペディアより
言霊(ことだま)とは、一般的には日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力のこと。言魂とも書く。清音の言霊(ことたま)は、森羅万象がそれによって成り立っているとされる五十音のコトタマの法則のこと。その法則についての学問を言霊学という。
声に出した言葉が、現実の事象に対して何らかの影響を与えると信じられ、良い言葉を発すると良い事が起こり、不吉な言葉を発すると凶事が起こるとされた。そのため、祝詞を奏上する時には絶対に誤読がないように注意された。今日にも残る結婚式などでの忌み言葉も言霊の思想に基づくものである。

案外、自分はこのコトを信じています。
見えてない人が多い世の中だけど、見えていない人ばかりでもないから
後から巡り巡ってかえってくるですね。
イイコトはすぐに返ってこず。または返ってこない。
悪いことはすぐに返ってくる場合もある、返ってこない場合は後になって返ってくる事になる。
原因と結果ですね。

著者名  @taoka_toshiaki

Profile
高知県在住の@taoka_toshiakiです、記事を読んで頂きありがとうございます.
数十年前から息を吸うように日々記事を書いてます.たまに休んだりする日もありますがほぼ毎日投稿を心掛けています😅.
SNSも使っています、フォロー、いいね、シェア宜しくお願い致します🙇.
SNS::@taoka_toshiaki

タグ

あちらこちら, ウィキペディア, ことだま, 五十音, 凶事, 原因, 大辞林, 巡り, 忌み言葉, 森羅万象, 法則, 清音, 祝詞, 言霊, 言霊学, 誤読, 霊的,