phpでXMLファイルのデータを取得し、配列に変換する方法

20160306

Logging

$hoge = simplexml_load_file($xml);
$res = get_object_vars($hoge);

phpでXMLファイルのデータを取得し、配列に変換する方法は
上記の方法でOKです。
foreachで流し込むよりこちらの方が
断然楽ですね。この方法を知らない時は
わざわざforeachを使って配列に流し込んでいました。
こんな便利な関数があるなんて知らなかった。
PHPって結構べんりな関数が用意されているなと
思います。ちなみにこの頃、覚えたプログラム用語は
トレイトです。

トレイトは、PHP のような単一継承言語でコードを再利用するための仕組みのひとつです。 トレイトは、単一継承の制約を減らすために作られたもので、 いくつかのメソッド群を異なるクラス階層にある独立したクラスで再利用できるようにします。

PHPリファレンス引用
いろいろと知らないことだらけです。
奥が深い、すべての関数を覚えるのは
至難の業ですけど、こんな関数が用意されているなど
と覚えていたら良いかもしれませんね。

著者名  @taoka_toshiaki

Profile
高知県在住の@taoka_toshiakiです、記事を読んで頂きありがとうございます.
数十年前から息を吸うように日々記事を書いてます.たまに休んだりする日もありますがほぼ毎日投稿を心掛けています😅.
SNSも使っています、フォロー、いいね、シェア宜しくお願い致します🙇.
SNS::@taoka_toshiaki

タグ

AM, B00DIM63US, hoge, PHPリファレンス引用, simplexml_load_file, XMLファイル, クラス階層, データ, トレイト, プログラム用語, べんりな関数, メソッド群, わざわざforeach, 単一継承, 単一継承言語, 方法, 独習PHP, 配列, 関数,