映画、10クローバーフィールド:レーンを観てきましたので #映画レビュー

20160624

Logging


10クローバーフィールド:レーンを観てきましたので
感想なんかを残しときます。
J.J.エイブラムス制作のもと作られたということでもあり
やっぱ・・・ひと味違ったパニックアクションSFといったところです。
最後までハラハラドキドキ感がありとても臨場感がありました。
最後までこの先どうなちゃうだろうと思わせる作りでした。
こういう映画は一年に一回ぐらいがちょうどよい
観終わって映画館去る頃には
どっと疲れて放心状態です・・・・。
クローバーフィールドの次回作も観てみたいですけど
最終的に人類は宇宙人を打ち勝ってほしいです。
おそらく、三部作だろうと思っているのですが
どうなんだろうか?
4部作まで出来るのかな?
ラスト・・・彼女が選択した方って正解なのかも知りたいですね。
追記
今回の映画は内なる敵が9割を占めてましたが
全然、宇宙人が出てこなくてもハラハラドキドキの緊張感がある
映像でしたね。ほんと・・・ネタバレしても全然大丈夫な映画
かもしれないけど、ここらへんで止めときます。

著者名  @taoka_toshiaki

Profile
高知県在住の@taoka_toshiakiです、記事を読んで頂きありがとうございます.
数十年前から息を吸うように日々記事を書いてます.たまに休んだりする日もありますがほぼ毎日投稿を心掛けています😅.
SNSも使っています、フォロー、いいね、シェア宜しくお願い致します🙇.
SNS::@taoka_toshiaki

タグ

10クローバーフィールド, B00FYNCCYK, HAKAISHA, J.J, エイブラムス制作, ここら, ちゃう, パニックアクションSF, ひと味, レーン, 三部作, 始末, 字幕版, 宇宙人, 放心状態, 映画館去る頃, 次回作, 緊張感, 臨場感,