文字数[441文字] この記事は1分33秒で読めます.

そろそろ日本もフィンテックかも。

20180716

Logging

フィンテックがある1日~お金が変わる。社会が変わる。~

 
中国とは違ってまだまだ浸透までは行ってはないけど
徐々に日本も現金を持たなくても生活ができる時代になるのでは?
紙幣や硬貨を無くすと国はかなり儲かるのか?
どうかは自分はわからないけれど、勘で言えば紙幣や硬貨を
作るにもお金がかかるわけで、お金って燃えて消えたり
落としてなくなったりするわけ。
これが電子マネーに全てなるとそんなリスクはなくなるわけです。
そんなリスクはなくなる代わりに、クラッキングにより
お金を盗み出したりという新たなリスクは生まれますし、
電子マネーを管理する強固なサーバ設備とかの費用が発生します。
その代わりに銀行などや国はお金の流れが
一目瞭然になったりするというメリットなどもあります。
これに一番反対するのはダークサイドの人々だろう。
でも、おそらく20年後には現金を使用する人々は日本でも
半減していると思います。
 
 

4 Views

著者名  @taoka_toshiaki

Profile
高知県在住の@taoka_toshiakiです、記事を読んで頂きありがとうございます.
数十年前から息を吸うように日々記事を書いてます.たまに休んだりする日もありますがほぼ毎日投稿を心掛けています😅.
SNSも使っています、フォロー、いいね、シェア宜しくお願い致します🙇.
SNS::@taoka_toshiaki

タグ

Fintech, お金, クラッキング, サーバ設備, ダークサイド, フィンテック, メリット, リスク, 人々, 代わり, 日本, 浸透, 硬貨, 紙幣, 費用, 金融ビジネス, 電子マネー,