映画、ザ・ウォークを観てきましので感想なんかを #映画レビュー #ザ・ウォーク

20160125

Logging


映画、ザ・ウォークを観てきましので感想なんかを残しときます。
この映画、実は全然期待せずに観に行きましたけど
案外、臨場感があり良かったです。
実話ともあってシリアスなのかなぁと
思っていたのですが、どちらかと言えばクレイジーな
お話です。あのツインタワー(ワールドトレードセンター)で綱渡りをした
唯一無二の男、フィリップ・プティ(フランスの大道芸人)を描いた
お話なのですが、ちょっと考え方が飛んでるです、でもそこが良いですね。
綱渡り前夜から、この人の鬼才さが・・・。
おそらく奇行とも言っていいほどです・・・彼のテンションに
仲間たちがよくついてこれたなと思いましたが
やはり最後のオチは納得でした。
ちなみに綱渡りがラストではありません。
綱渡りは、ほんとヒヤヒヤドキドキです、ウィキペディアで
調べていったから彼がどうなったかは知っていたのですが
それでも・・・・ラストのオチはわかりませんでした。
追記:
普通のドキュメンタリー映画とは
一線を越えてる映画になっていることは間違いないです。

映画『ザ・ウォーク』 最新予告

著者名  @taoka_toshiaki

Profile
高知県在住の@taoka_toshiakiです、記事を読んで頂きありがとうございます.
数十年前から息を吸うように日々記事を書いてます.たまに休んだりする日もありますがほぼ毎日投稿を心掛けています😅.
SNSも使っています、フォロー、いいね、シェア宜しくお願い致します🙇.
SNS::@taoka_toshiaki

タグ

ウィキペディア, オチ, こと, ザ・ウォーク, ツインタワー, ドキュメンタリー映画, どちらか, フィリップ, フランス, ラスト, ワールドトレードセンター, 一線, 唯一無二, 大道芸人, 奇行, 始末, 感想, 映画レビュー, 綱渡り, 綱渡り前夜, 臨場感,