文字数[513文字] この記事は1分38秒で読めます.

映画、64(ロクヨン)前編を観てきましたので #映画レビュー

20160530

Logging


映画、64(ロクヨン)前編を観てきましたので
感想なんかを残しときます。
なんか、重厚感があって
観ていて良かったです。
まさに大人の映画!、この映画を観ると
いろいろと考えることがある、どちらかと言えば
自分は映画、海よりもまだ深くという映画に出てきそうな大人で
あって・・・。64(ロクヨン)に出てくるような大人には
慣れなかった部類ですが
コレはコレでいろいろとなぁ・・・思うわけです。
実際、自分は今まで大人としての立ち振舞いってのは
考えたことがなく生きてきて、この頃・・・・。
立ち振舞いっていうのは
やっぱり大事なのかもなと思うようになったのですが
自分の柄には合わないなぁという想いも有りつつ
どうすっかなぁって考えて
日々、悶々としています。
映画の話しに戻しまして
自分が観た社会派ドラマの映画の中では、64は
一番、見応えのある作品になっていました。
エンディングに、ちらっと後編の予告が
盛り込まれていましたが、おそらく前編観ないと
後編はこの映画、すごく楽しめないのかもなと感じます。
だから、こそ映画64(ロクヨン)の前編は観るべしです。
https://youtu.be/zY54BvPj9Ak

119 Views

著者名  @taoka_toshiaki

Profile
高知県在住の@taoka_toshiakiです、記事を読んで頂きありがとうございます.
数十年前から息を吸うように日々記事を書いてます.たまに休んだりする日もありますがほぼ毎日投稿を心掛けています😅.
SNSも使っています、フォロー、いいね、シェア宜しくお願い致します🙇.
SNS::@taoka_toshiaki

タグ

コレ, どちらか, ロクヨン, 予告, 作品, 前半, 前編, 大事, 大人, 始末, 実際, 後編, 想い, 感想, 日々, 映画レビュー, 社会派ドラマ, 老化, 見応え, 部類, 重厚感,