laravelのスコープとリゾルブを知った日。 #phpcode

20230321

Logging

おはようございます、Laravel技術を2つ手に入れました。有り難いことです😭。

他にもいろいろあるだろうけど、スコープとリザーブという技術を知りました。スコープも便利そうだ、リザーブも使い方が分かりましたのでchatGPTにサンプルコードを書いていただき解説もお願いしました。

class User extends Model
{
    public function scopePopular($query)
    {
        return $query->where('votes', '>', 100);
    }

    public function scopeActive($query)
    {
        return $query->where('active', 1);
    }
}

$users = User::popular()->active()->orderBy('created_at')->get();

Laravelのスコープとは、モデルクエリに対する再利用可能なクエリ制約のことです。スコープを定義することで、特定のクエリ制約を複数の場所で簡単に再利用することができます。

use App\Services\SomeService;

$someService = resolve(SomeService::class);

Laravelのresolveメソッドは、サービスコンテナからサービスを解決するために使用されます。サービスコンテナとは、依存性注入を実現するための強力なツールです。

依存性注入とは、クラスが他のクラスに依存している場合、その依存関係を外部から注入することです。これにより、クラス間の結合度が低くなり、テストや再利用が容易になります。

Laravelでは、サービスコンテナを使用して依存性注入を実現します。resolveメソッドは、サービスコンテナから特定のサービスを取得するために使用されます。

0 Views

著者名  @taoka_toshiaki

Profile
高知県在住の@taoka_toshiakiです、記事を読んで頂きありがとうございます.
数十年前から息を吸うように日々記事を書いてます.たまに休んだりする日もありますがほぼ毎日投稿を心掛けています😅.
SNSも使っています、フォロー、いいね、シェア宜しくお願い致します🙇.
SNS::@taoka_toshiaki

タグ

$query-&gt, ChatGPT, class, GET, gt, gt;active, Laravel, popular, query, resolve, resolveメソッド, return, SomeService, use AppServicesSomeService, user, where, クエリ制約, スコープ, リザーブ,