Photo by Alexander Grey on Pexels.com

本当に人口減少社会でも大丈夫なのか・・・。

2023.09.26

Logging

おはようございます、この頃、著名人の方々が人口減少社会でも大丈夫だとか言い出したけど、たぶん嘘だと思います。正解には自分は大丈夫ということだということ、人口減少社会になっても自動化が進むので困らない社会になる。今まで人が多かったけど、いまは人が多すぎて困っていると言い出すひとが増えてきているような気がしますが。ひとが少なくなると経済は鈍化しますし、イノベーションが生まれる確率も低くなります。

【予告】映画『ゴジラ-1.0』《大ヒット上映中》

よって経済は減速していき、日本はこのまま行けば沈没する可能性が高い気がしています。いちばん、危ういなと思うのは首都直下型大地震と南海トラフ巨大地震が同じぐらいの周期で発生したら、経済吹っ飛びそうなんだけど、未だにこの四国に津波対策工事とかが進んでいない気がします。少しずつ進めているのは知っているけど、本当に間に合うのかという疑問があります。

こんな巨大地震のときに北朝鮮がミサイル打ち込んできたら一体どうなるのか?そういう最悪のシナリオは多少なりとも考えているとは思うものの。巨大地震は確実な経済マイナスですよねぇ・・・。

この頃、ゴジラマイナス1.0という映画の予告を見たのだけど、これ今から日本に起こることに警鐘を鳴らしているようにしか思えないです。経済マイナスなっても大丈夫なように日本円であまりお金を持たないようにしとくのも一つの手段かもしれないですね。明日へつづく

著者名  @taoka_toshiaki

Profile
高知県在住の@taoka_toshiakiです、記事を読んで頂きありがとうございます.
数十年前から息を吸うように日々記事を書いてます.たまに休んだりする日もありますがほぼ毎日投稿を心掛けています😅.
SNSも使っています、フォロー、いいね、シェア宜しくお願い致します🙇.
SNS::@taoka_toshiaki

タグ

イノベーション, シナリオ, ひと, ミサイル, 一体, 予告, 人口減少社会, 北朝鮮, 南海トラフ巨大地震, 周期, , 四国, 多少なり, 巨大地震, 手段, 正解, 津波対策工事, 確率, 経済マイナス, 警鐘,

Photo by Mayu on Pexels.com

南海トラフ巨大地震が起こる確率ある条件の下で。

2023.01.12

Logging

おはようございます、先日、南海トラフ巨大地震の発生確率の記事をニューズピックスで読みました、タイトルって大事ですよね。タイトルだけ読んだ人はご認識を生む場合があるような記事は如何なものかと思います。

その記事の内容を読むと南海トラフ巨大地震が起こる確率ある条件の下で4.3%~96%だそうです。正直なところまだ起きない気がするのですが、この4.3%の確率が5%を超えると恐らく3年以内に起きる可能性が高いじゃないかな。なので・・・今年は起きないかもしれないが、やはり数十年後には起きるかもしれないと思っていたほうが良い気がします。この確率はある条件の下での確率計算です。

それよりも室戸漁港の隆起量から南海トラフの確率を求めているサイトが当てになりそうです、この考えで行くと1999年に掲載された記事なので今後30年に発生する確率は26%~32%ぐらいです。2030年までは大丈夫な気がします。その後はやはり巨大地震は日に日に発生する確率が上がるので、恐らく2045年以降には必ず発生するもしくは発生していたという事になると思います。

地震予知が出来るようになれば良いですけど・・・難しそうですね。

著者名  @taoka_toshiaki

Profile
高知県在住の@taoka_toshiakiです、記事を読んで頂きありがとうございます.
数十年前から息を吸うように日々記事を書いてます.たまに休んだりする日もありますがほぼ毎日投稿を心掛けています😅.
SNSも使っています、フォロー、いいね、シェア宜しくお願い致します🙇.
SNS::@taoka_toshiaki

タグ

ご認識, タイトル, ところ, ニューズピックス, もの, 内容, 南海トラフ, 南海トラフ巨大地震, 可能性, 地震予知, 室戸漁港, 巨大地震, 条件, , 発生確率, 確率, 確率ある条件, 確率計算, 良い気, 隆起量,