ウェブ飯が食えるレベルの話。

2016.08.23

記録


今日のお題は「ウェブ飯が食えるレベルの話。」です。
ウェブ飯が食えるレベルとは、どのぐらいのレベルなのか?
考えてみました。自分はクラウドソーシングで一度だけ
ウェブの制作をしたことがありますが、一度だけです。
クラウドソーシングだけで満足な収入はまず得れない。
それだけで生計を立てているひとは、ごく少数です。
クラウドソーシングだけで収入を得ている数十人しかおらず
あとは、ウェブでお小遣い稼ぎが出来るほどです。
需要と供給のミスマッチがクラウドソーシングの課題だと
思います。それを解決しないかぎり、クラウドソーシングで
生計を立てるのは難しいです。
なお、ウェブ飯が食えるレベルはレベルB~Aの技術を
持っているひとです。そうでなければ収入を得ることは
難しいです。そして、クラウドソーシングは
結構な確率でキャンセルする事が多いので
仕事にありつける確率が低いのが問題です。
フリーランスで仕事を
やりたいのであれば、地域の企業と関係を
持ったほうが得策です。信用されれば
定期的なお仕事の依頼が舞い込んできます。

タグ

ウェブ飯, お小遣い稼ぎ, お題, かぎり, クラウドソーシング, それだけ, ひとは, フリーランス, 一度, 供給, 収入, 少数, 得策, 教科書, 数十人, 星海社新書, 生計, 確率,