Photo by Andre Estevez on Pexels.com

今年は映画が不作なのかなぁ。高知県だけ?

2023.11.19

Logging

おはようございます、今年最後に見る映画はナポレオンになりそう、そして12月に観る映画はとナポレオンの2本だけですねぇ。これも円安の影響なのかも知れない、海外の映画の放映権が買えないのでこの頃、映画館は日本の映画が多いです。日本で映画制作している関係者はいまがチャンスなのかも知れません。

pexels-photo-7991378.jpeg
Photo by Tima Miroshnichenko on Pexels.com

日本映画も昔に比べると良さげな映画が増えている気がします、ですが、いつも魚ばかり食べているとお肉が食べたくなるのと一緒で、邦画ばかりみていると洋画が見たくなるものなんです。これは自分だけなのかも知れませんが、やはり海外の作品を観たくなるときがあります。

日本映画でスカッとした映画ってなかなか無いので、たまには何も考えないでアクション物の映画なんかを観たりして痛快な感覚を得たいです。

映画『君たちはどう生きるか』最新予告(海外版)|The Boy and The Heron’s New Trailer

今年、自分が印象に残った作品は宮崎駿監督の「君たちはどう生きるか」だったりします。80歳にしてあの映像が作れるのは凄いことだと思います。評価が二分した映画ですが観てよかったと思いました。

明日へ続く。

タグ

Photo by Tima Miroshnichenko on Pexels.com, アクション物, チャンス, ナポレオン, 円安, 印象, 君たち, 宮崎駿監督, 影響, 感覚, 放映権, , 映像, 映画, 最後, 洋画, 評価, 邦画, , ,

映画、水は海に向かって流れるを観る。

2023.10.11

Logging

おはようございます、映画、水は海に向かって流れるをいまごろ、アマプラで観ました。人間味あふれる映画でした、ラストあれで終わらすのがまた良い感じだなぁ。ハラハラドキドキとかない映画でアメリカ的な展開とは真逆な映画だけど、心温まる映画になっていて自分は好きな映画でした。

6月9日(金)公開『水は海に向かって流れる』本予告/主題歌:スピッツ「ときめきpart1」

洋画ばかり観ていた時期があったけど、いまは邦画推しになってきています。SFやアクション物は洋画良いけど、こういうストリー展開のものは日本の映画が勝っているものが有ると思います。日本人というのも有るけど、観ていて共感出来るなって思うのです、水は海に向かって流れるみてよかったです。

明日へ続く。

タグ

SF, アクション物, アマプラ, ストリー展開, ラストあれ, 人間味あふれる映画, 展開, 日本, 日本人, 映画, 時期, , 洋画, , 自分, 良い感じ, 邦画推し,

映画、パッセンジャーを観てきました。 #映画レビュー

2017.03.26

Logging


http://www.passenger-movie.jp/
先日、映画パッセンジャーを観てきましたので
感想なんかを残しときます。
この映画、自分の中ではすごく惜しい映画かなと
映像も内容も悪くはなかったのですが、何か足りないと
感じました、その何かというのは宇宙かな。
SF映画でいちばん大事な宇宙の壮大さが少しかけていたように感じます。
後半になって船外活動などを行うシーンがありますが
殆どのシーンが船内の出来事が多かったように感じます。
制作予算など大人の事情があるのだと思いますが、もう少しSFの要素を
増やしても良かったんじゃないのかなと・・・。
ちなみに自分は
映画を観すぎてこの頃、映画を観るのをお休みしていました。
久しぶり映画館で映画を観たのですけれど、、、。
まだ、見尽くしているためかストーリーパターンを網羅しているので、
上記で書いているとおり、すごく良かったと思える映画に出会えないです。
観る映画の本数を増やして観るほうが当たりにあえる確率も
当たり前ですが増えますね。
日本の映画のほうが当たりが多いのですが
洋画でこの頃、これは良かったと思える映画に出会えないです
なので、出会いたいなと・・・。

タグ

B01GLJ2I2Q, SF映画, ストーリーパターン, とおり, 久しぶり映画館, , 制作予算, 始末, 宇宙, 当たり, 惜しい映画, 映画パッセンジャー, 映画レビュー, 本数, 洋画, 短編集, 確率, 船内, 船外活動,

高知県の映画館は意外にシビア。

2015.05.25

Logging


高知県の映画館は意外にシビアだと思います。客の入らない映画はどんどんと上映回数が少なくっていくのですから。ある意味、ほんとうに面白いものは長く続く事が多いです、よく見ていると本数は少ないもののずっと上映されている映画があります。そういうのは実は意外に当たりだったりすることが有ります。ちなみに、この頃、洋画より邦画のほうが面白く感じる気がします。洋画で面白いのはやはり、エンターテイメントな作品などは比較的に面白いのですが、洋画、邦画とも同じ本数を観た場合、この映画は当たりだなと思う映画に巡り合える確率の高さから言えば、邦画のほうが高いように思えます。ちなみに、この頃、自分が当たったなという映画に巡りあってません・・・・・。
 
 
 
 

タグ

, エンターテイメント, 上映回数, 作品, , 当たり, 意味, 映画館, 本数, , 洋画, 確率, 邦画, 面白いもの, 高知県,

映画、しゃべれども しゃべれどもの感想とかを(´∀`)

2014.09.14

Logging

映画、しゃべれども しゃべれどもをレンタル屋さんかオンデマンドでレンタルして観たのか…そこらへんは忘れてしまったのですが、この映画、落語を通して人前で話すことが苦手な人たちが徐々に変わっていく姿がなんだかほのぼのしていて良かった作品です。ちなみに、この映画はすごく感動するとかいう作品ではないですけど、人の暖かさとかいうものを感じられる映画になっていることは確かです。昔は洋画ばかり観ていた自分ですが、この頃は洋画も邦画も同じぐらいの割合で見るようになりました。
邦画の良いところは、じんわりと来る暖かい作品が多いところです。全然、かんけい無いのですけど、来年(2014)のNHK連続テレビ小説「まれ」の父役に大泉洋さんが抜擢されたとかで、内心、今から楽しみにしてたりします。人によっては大泉洋さんを嫌いっていう人もいると思いますが、あの良い加減なトークは自分は好きです。

タグ

NHK連続テレビ小説, かんけ, じんわり, そこら, トーク, レンタル屋さんかオンデマンド, 人前, 内心, 割合, 多いところ, 大事, 大泉洋, 始末, 感想, 暖かい作品, 洋画, 父役, 良いところ, 落語, 邦画,