映画、エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス

2023.10.17

Logging

おはよう御座います、映画、エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンスを観ましたので感想を残しときます。9月、10月、11月と観たい映画が上映されているのですが、何故か観たい映画は月の始まりか終わりに集約していて、中盤あたりには観たい映画がないので、先日の土日休みにネトフリで映画を観ました。

映画、エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス、前々から気になっていた映画ですが、観るのにハチャメチャ展開らしいので疲れそうという思いから、今まで再生ボタンをポチるのを辞めていたのですが、意を決して観ました。

本年度アカデミー賞受賞!映画『エブエブ』本予告

なるほどー、これは幻覚や妄想を映像化したものですね。要するに映画の冒頭だけが現実であとは彼女の頭の中で起こったことを映像化した映画です。精神(脳)が悪くなった状態になるとこういう現象が頭の中で起きているよという事を表現した映画、だからアカデミー賞作品賞にも選ばれたでしょうね。実際、こういう現象が起きるというのは精神的にかなり疲労するともに、精神を普通に保つという事がとても大変になると思います。大変だなって。

明日へ続く。

著者名  @taoka_toshiaki

Profile
高知県在住の@taoka_toshiakiです、記事を読んで頂きありがとうございます.
数十年前から息を吸うように日々記事を書いてます.たまに休んだりする日もありますがほぼ毎日投稿を心掛けています😅.
SNSも使っています、フォロー、いいね、シェア宜しくお願い致します🙇.
SNS::@taoka_toshiaki

タグ

アカデミー賞作品賞, アット・ワンス, エブリウェア・オール, エブリシング, ネトフリ, ハチャメチャ展開, ぽち, 中盤あたり, 再生ボタン, 冒頭, 前々, 妄想, 幻覚, 彼女, , 感想, 現実, 現象, 精神, ,

何故、気づかない。宇宙の成り立ち、始まりの始まりは無限ループですよねぇ。

2021.09.12

Logging

先日、派遣の面接に行ってきましたがお断りしようと思っています。そして何より派遣という働き方には希望をあまり見いだせないのかなと思っています。

さて、映画「マトリックス レザレクションズ」の予告が解禁されましたよね。もうマトリックスファンなら歓喜しかないと思います。ですが…自分がこの予告からオチを考えると、この世界は永遠に終わらない世界に人は生きているというオチになると思いますよ。仮に機械に電力として摂取されている世界もマトリックスだったら・・・。どこからが現実なのか、さっぱり分からなくなります。そして救世主が見ているものは単なる幻覚だとしたら・・・。とても悲しいオチになりますが・・・そういうオチもあるかもしれないと思って新たなマトリックスは見に行ったほうが良さそうです。

宇宙の成り立ちをコンピューターが導き出そうとしても人が始まりを導き出そうとしても・・・答えは無限ループなんですよ。始まりが終わりであって終わりが始まりだろうと思うのですが・・・ね。もし創造主がいたとしてもじゃその創造主はどうやって生まれたの?っていうのを考えていくと無限ループなんですよ。

だから無であり有であるというのが正しい気がします。無から有になると本当に思ってますか?そんな事できたら、それこそ魔法使いですよ。

その答え合わせが出来そうな気がします。今から12月が待ちどうしいですね。

映画『マトリックス レザレクションズ』予告 2021年12月17日(金)公開

著者名  @taoka_toshiaki

Profile
高知県在住の@taoka_toshiakiです、記事を読んで頂きありがとうございます.
数十年前から息を吸うように日々記事を書いてます.たまに休んだりする日もありますがほぼ毎日投稿を心掛けています😅.
SNSも使っています、フォロー、いいね、シェア宜しくお願い致します🙇.
SNS::@taoka_toshiaki

タグ

オチ, お断り, コンピューター, どこ, ファン, マトリックス, もの, ループ, レザレクションズ, 世界, 予告, , 働き方, 先日, 宇宙, 希望, 幻覚, 摂取, 救世主, 映画, 機械, 歓喜, 永遠, 派遣, 無限, 現実, 答え, 自分, 解禁, 電力, 面接,

映画、インフェルノを観てきましので #映画レビュー

2016.10.29

Logging


映画、インフェルノを観てきましので感想を残しときます。
この映画は好きか嫌いかに別れるという印象がシリーズを
通して強かったのですが、今回のインフェルノ(地獄)に関しては
謎解きというよりは、エンターテイメントな作品に近かったという印象が
全体的に強いかなと感じました。
今、このシリーズに自分が持っている印象としては
ダ・ヴィンチ・コードが一番好きかなと次に天使と悪魔かなという感じです。
謎解きというのが好きという人にとっては
今回のインフェルノは物足りなさを感じたのではないかなと
言う印象です。謎を解く映像よりどちらかと言うと
アクションシーンなどが多かったように思えます。
たまに映画の中に入る幻覚のシーンなども
強すぎる(演出)と感じる人も多いかも。
そして結末(ラスト)というより後半、なぜ、ウィルスを
敵はすぐに爆破しなかったのだろうかという疑問がすごく残って・・・。
 
全体的には可もなく不可もなしですが
エンターテイメントな作品として観るなら全然見える映画だと
思います。ただ、ダ・ヴィンチ・コードや天使と悪魔を
超えてないな・・ある意味、前作などの宗教的な要素などを、
あまり前面に出さず、無難な作りになっている感じが若干します。
ちょっと辛口な感想ですが、悪くない映画だと思います。
 

著者名  @taoka_toshiaki

Profile
高知県在住の@taoka_toshiakiです、記事を読んで頂きありがとうございます.
数十年前から息を吸うように日々記事を書いてます.たまに休んだりする日もありますがほぼ毎日投稿を心掛けています😅.
SNSも使っています、フォロー、いいね、シェア宜しくお願い致します🙇.
SNS::@taoka_toshiaki

タグ

B01ICOOXVC, Blu-ray, アクションシーン, インフェルノ, ウィルス, エンターテイメント, ダ・ヴィンチ・コード, どちらか, ブルーレイ, 作品, 初回生産限定, 印象, 大事, 天使, 始末, 幻覚, 悪魔, 感想, 謎解き,