えっ12月1日。今年もあと少しですね。

2023.12.01

Logging

おはよう御座います、12月さん。よろしくお願いします、良いことがありますように。このまま人工知能が進化していくと10年後には超越(transcendence)すると言われています。そうなった時、どうなるのかが楽しみであり恐ろしさでもありますが、進化していくと確実に人工知能は魔法のような事ができるようになると思います。いや、そんな事出来ないだろうと思うかも知れないですが、恐らくそれは起きるだろうと思っています。

【MV】Creepy Nuts – グレートジャーニー

もしかしたら、この世界が仮想世界だと証明してくれるのかも知れません。あの映画のようなことが起きるかも知れないですね、死なない世界になるのかも・・・。因みにあの映画とはトランテンデンス(超越)という映画のことです。

Transcendence Official Trailer #1 (2014) – Johnny Depp Sci-Fi Movie HD

明日へ続く。

タグ

10年後, 12月さん, トランテンデンス, 世界, 人工知能, 仮想世界, 映画, 良いこと, 超越, 魔法,

Photo by Flo Dahm on Pexels.com

人工知能の知能は指数関数的にだけど、人が追いつていない。

2023.04.01

Logging

おはようございます。この頃、ネットでもテレビでも人工知能を取り上げない事がないぐらい、人工知能の話題に持ちきりですが、さてどれぐらいの人が人工知能の良さを理解してそれを仕事なりに活用していっているのだろうか?、自分が思うに大半の方は人工知能の力を借りずに今まで通りタスクを熟しているのではないだろうかと。

AIによる「大規模言語モデル(LLM)」の最新潮流~Shane Gu×スプツニ子!×松尾豊×山田敦×上野山勝也

大規模言語モデルで、精度も良いのはchatGPTだけではない。RWKV 14B Alpacaとかも良さげです。

AI魂. また出ちゃった! RWKV 14B Alpacaファインチューニング版を試す!

これ・・・無料なんですよね。すごいな精度もまぁまぁ良さそうです。人工知能は週単位で進化していくのだけど、人ってそんなに週単位で賢くならないので確実に人より人工知能が賢くなりそうな気がしますが・・・・。人工知能が賢すぎると人工知能が言っていることを人が理解出来なくなるという問題と人が制御出来なくなる問題が生まれそう。正直なところ、今ぐらいの賢さで留めておいた方が良い気がします。映画、トランテンデンス(超越)が本気で起こるかもしれないからね笑。

映画『トランセンデンス』予告編

タグ

Alpaca, ChatGPT, RWKV, テレビ, トランテンデンス, ネット, 人工知能, 仕事, , 問題, 大半, 映画, , 精度, , 言語モデル, 話題, 超越, 通りタスク, 週単位,

インプットとアウトプットを繰返しても意味をなさない?

2021.05.13

Logging

インプットとアウトプットを繰返しても意味をなさないと思っている方も多いと思いますが、それは少し間違いで自分でシェアした内容は結構、自分は覚えていて意味はそれなりにあるかなと思っています。それが「いいね」されなくても自分の記憶には短期的でも残っているのならばそれは良いことだと思います。

The Top Artificial Intelligence Companies To Watch In 2021 | Forbes

これから先、人工知能が人よりもある部分では人を超越する存在になることは間違いなく事ですが、それでも人は自ら学ぶという事はこれからも当分は続くと思います。ちなみにNeuralink(ニューラリンク)で直接、脳に情報を書き込めることが可能になれば学習方法は劇的変化すると思いますが、それにはあと数十年後の話だと思います。早くてもあと10年は待たないといけないと思っています。可能になっても法律で規制される可能性はあるからです。

Monkey MindPong

サルの脳にチップ、念じるだけでゲームをプレー マスク氏所有の米企業が主張

タグ

10, Neuralink, アウトプット, インプット, ゲーム, こと, これ, サル, シェア, それ, それなり, チップ, ニューラ, プレー, マスク, リンク, 主張, , , 人工, , 内容, 可能, 可能性, 変化, 存在, 学習, 少し, 当分, 情報, 意味, 所有, 数十, , 方法, 法律, 知能, 米企業, , 自分, 規制, 記憶, , 超越, 部分,

映画、深夜食堂1を観る:三度目ぐらい。

2017.01.11

Logging


日本人の根底には
こういう感情が流れているように思えます。
(深夜食堂みて)
深夜食堂2より深夜食堂1の映画版の方が見応えがあります。
なんど見ても良いなと感じる哀愁とかいうものが
この映画にはあるです。
ひとは少し悲しい切ないというものを観ると良かったと感じるそうです。
そういう意味でもこの映画は的を射ている作品だなと。
話を変えて。
AI(人工知能)技術が進んでも人の心は変わらないように感じます。
シンギュラリティ(技術的特異点)が起こったら変るかもしれませんが
それまでは人の心は変わらないだろうと。
未来が無機質的な未来になるとは自分は思っていません。
どちらかと言えば自然との調和の取れた技術の進化が
起こると思っています。それを加速するのがAIであり
シンギュラリティだと思っています。
上記で書いている事を上手く映像化している映画があります。
トランセンデンス(超越)という映画です。これから起こりうるAI進化は
おそらく否定はできないと思います。必ずシンギュラリティは起こります。
深夜食堂とトランセンデンスという映画、似ても似つかぬ映画ですが
自分はどちらも好きです。

タグ

B00WDO6AM8, B019GVISDE, シンギュラリティ, トランセンデンス, 人工知能, 似ても似つかぬ映画, 哀愁, 平等, 技術, 未来, 根底, 深夜食堂, 深夜食堂1, 無機質的, 特異点, 見応え, 超越,