Photo by Pixabay on Pexels.com

舞勇伝武勇伝.

2024.05.10

Logging

おはようございます、中田敦彦のyoutube大学をたまに見る機会があります.全部チェックしているわけではないのですが、毎回思うのが理解してそれを万人にも分かりやすく解説しているところがプロだと思います.喋りで仕事をしていてここまで稼いでいる日本人は中田敦彦さんだけなんじゃないかなって思っています.

中田敦彦さんは一般人の平均教養を把握して話をしているように思います.

silver dynamic microphone on black microphone stand
Photo by Dmitry Demidov on Pexels.com

殆どの人は専門用語をついつい使ってしまうことがありますが、一般人に向けて話す時は相手に届く形で話すのが良いじゃないかと思っています.そこが簡単でいて難しい.あまりにも親切丁寧に話すのも相手によっては莫迦にしているように感じる人もいるので難しいですよね.

前者にも書いた通りマジョリティ(多数)の一般教養を把握して話すことが多くのファンを獲得するには大事なんだと思いますが平均教養っていろいろな人と話さないと分からない事かもしれません.

明日へ続く.

タグ

Photo by Dmitry Demidov on Pexels.com, youtube大学, ファン, 一般教養, 中田敦彦, 中田敦彦さん, 仕事, 前者, 多く, 多数, 専門用語, 平均教養, , 機会, 殆ど, 毎回, 相手, 莫迦, 通りマジョリティ, 難しい.あまりに,

YOUTUBERになりたい人、必見の動画かもしれない!?

2022.01.16

Logging

どうやればYOUTUBEチャンネル登録が伸びるのか中田敦彦さんが解説動画がタメになるから、是非チェックしてみてください。中田敦彦さんが古舘伊知郎チャンネルにアドバイスしている動画を見てなるほどなぁって思えました。これはブログにも通じる所があると思います。

中田敦彦さんが苦悩する古舘Chをコンサル。チャンネルの根幹から徹底改善。忖度なしで古舘に忠告。

いろいろなジャンルを片っぱしに書いてみて当たった上位ベスト30の記事に注目して、それと似たような記事を書けばブログも同じようにヒットするサイトになるかもなって思えました。要するに中田敦彦さんの例えを借りて言うとコンビニエンスストアと同じく売れる商品ばかり並べるって事が一番の正攻法な方法なのだな…って😌。

中田さんからの提案に感謝の涙。YouTube成功への鍵を語る。太鼓判を押されたチーム古舘伊知郎の決意

自分が再生回数やビュー数が伸びて欲しい物をよりもユーザーやお客さんが欲しい情報を提供することが良いだってさ。これを聞いてなるほどなぁって思えました。当たり前のことの何だけど確かに難しいというのは何かよく分かるは・・・。ついつい自分が押している物を投稿したくなるだよなぁ。趣味なら良いけどそれで生活するならソコラヘンは切り替えないとなって感じました。

タグ

30, youtube, YOUTUBER, アドバイス, いろいろ, お客さん, こと, これ, コンビニエンス, サイト, ジャンル, ストア, それ, ため, チェック, チャンネル, ヒット, ビュー, ブログ, ベスト, ユーザー, , 上位, 中田敦彦, , , , 再生, 動画, 古舘伊知郎, 商品, 回数, 当たり前, 必見, 情報, , 提供, 方法, 正攻法, 注目, , 登録, 自分, 解説, 記事,

お金の授業総まとめとS&P500についてどうなの?

2021.08.02

Logging

お金の授業総まとめとS&P500についてどうなの? お金の授業総まとめ?で中田敦彦さんはS&P500を押しているけど、それはどうなのかという事をお金の大学の著者は反論していたりしていて、やはり最後は自分で調べないといけないなという気持ちで、お腹いっぱいになりました。

【お金の授業総まとめ②】中田の結論は米国株「○○○」を一括購入

ただ、株も買ったりすることは駄目だとは思わないですが・・・(*´ω`*)、むしろ買ったほうが良いと思います。特にこれからの日本そんなに先が明るくはないと思っている。特に大震災がどこまで最小限に被害を食い止めることが出来るかで日本の未来はかなり決まると思っています。そう考えている人は結構いるじゃないかな?、そういう事もあって自分は海外の株式は資産として買っとくと良いかなと思っています。日本株も魅力だけど海外の株式はもっと面白さがあります。

第38回 【危険】S&P500に投資すれば絶対に儲かると信じている人に伝えたい3つのこと【初心者向け】【社会・トレンド】

トイウコトデ、投資や投機は自己責任ですね(*´ω`*)、元本割れするとガックシ来ますがそれから、また復活すると面白いです。長期投資の株は面白いですね優待券とかもあるからね。海外の株式は間接的なのしかやっていないけど、分配金はあるみたいだね。

タグ

500, amp, お金, ガックシ, かなり, こと, これ, それ, トイウコトデ, どこ, 中田敦彦, , , 元本, , 反論, 大学, 大震災, 投機, 投資, 授業, 日本, 日本株, 最小限, 最後, 未来, , 株式, 気持ち, 海外, 総まとめ, 腹いっぱい, 自分, 自己, 著者, 被害, 責任, 資産, 駄目, 魅力,

ブロックチェーン技術の語りにはっと思った、2030年世界の大変化(中田敦彦解説)

2021.07.09

Logging

ブロックチェーン技術の語りにはっと思った、2030年世界の大変化(中田敦彦解説)。ブロックチェーンの話は?後半で解説していますがこれは・・・あるなと思いました。ブロックチェーン技術で政治投票などは頭の固いひとがいなくなるまでは無理だろうし、同じ理由で公共サービスにブロックチェーンを使わないでしょう。そんな固定概念を持っていないアフリカやインドはこれから繁栄の時代がやってくるというのは間違いないと自分も思います。

【2030年世界の大変化①】アフリカとインドの時代が来る(2030: How Today's Biggest Trends Will Collide and Reshape the Future)

シリコンサバンナというものがアフリカに出来ている、もう現在進行系ですからね。2030年にはアフリカが繁栄するというのは中国が10年で急成長したのと同じことが今後、10年でアフリカやインドで起きるのは間違いない。
インドが先に中国を追い越すでしょう、でもアフリカの方が爆発的に人口が伸びているので最終的にはアフリカが1番になるのは時間の問題だと。

【2030年世界の大変化②】シェアリング経済と国家通貨の崩壊(2030: How Today's Biggest Trends Will Collide and Reshape the Future)

本にも書かれていることですが、移民を受け入れないと日本は世界から脱落していきますよと・・・。日本ってどうなるだろうなぁ・・・そこが日本人なら一番知りたいですよね?。

タグ

, 10, 2030, アフリカ, インド, こと, これ, サービス, サバンナ, シリコン, チェーン, ひと, ブロック, もの, 世界, 中国, 中田敦彦, 人口, 今後, 公共, 問題, 固定, 大変化, 後半, 急成長, 技術, 投票, 政治, , 時代, 時間, 概念, 現在, 理由, 繁栄, 自分, 解説, , 進行, ,

プロを見て思った運が良かったでは上手く行かない。考えるという事を意識しよう。

2021.06.04

Logging

YOUTUBEのおすすめに「中田敦彦の1日ルーティン〜YouTube大学のつくり方〜」が紹介されていたのでちらっと見てみようという気持ちで見始めて結局、最後まで見てしまった。見ていて中田敦彦さんは戦略に物事を考えているなと、これがプロと素人の違いなのかな。
気づいているかどうか分かりませんが、このブログもそれなりに力を入れて作ろうとしています。自分なりに考えて記事を書いたりデザインしたり開発したりを数週間前から取組でいます。

【完全密着】中田敦彦の1日ルーティン〜YouTube大学のつくり方〜(1Day Routine)

因みに自分はYOUTUBEのおすすめで見る事しか殆ど無い、いや無いと言い切っても良いぐらいです。YOUTUBEのチャンネルを紹介するのにもYOUTUBEのおすすめ機能は大活躍です。チャンネル登録数が数人でもお薦め紹介してくれるのでとても便利です。これは良いなというのはピックアップしてブログの記事として紹介したりしています。

出力(アウトプット)したことに対して、デジタルならデータという結果が返ってくるので、それと照らし合わせてここがダメだったとかの反省や改善はとても大事になってくるのだと思います。検索して何故、このブログは読まれているのかなどを考えたりしています。

最後に日々の積み重ねは大事だね。(昔書いた本質;とは真逆の記事かもなぁ。?時が経てばいろいろ考え方が変わる)

タグ

, youtube, アウトプット, おすすめ, お薦め, こと, これ, それなり, チャンネル, つくり方, デザイン, デジタ, ピックアップ, プロ, ブログ, ルーティン, 中田敦彦, , 便利, 出力, , 取組, 大学, 大活躍, 意識, 戦略, , 数人, 最後, 機能, 殆ど, 気持ち, 物事, 登録, 素人, 紹介, 自分, 記事, , 違い, 開発,