Photo by Rafael Cerqueira on Pexels.com

2025年に月に行くだってさ。昔と今の違いは月基地を作ること。

2023.04.16

Logging

おはようございます、月にどれぐらいの資源が埋まっているのだろうか。また、アレに質問してみようか。

Artemis II Astronaut Announcement: April 3, 2023 (Official NASA Trailer)

月は、人類にとって非常に魅力的な資源が存在する天体の1つです。これまでの研究から、月には多くの資源が存在することが明らかになっています。以下に、月の資源とその活用について考察してみましょう。

  1. ヘリウム3 月には地球よりも豊富にヘリウム3が存在しています。ヘリウム3は、将来的に核融合エネルギーの燃料として利用されることが期待されています。これまでの研究により、月から採取したヘリウム3を地球に輸送し、エネルギーの源とすることが可能であることが示されています。
  2. 鉱物資源 月には鉄、アルミニウム、マグネシウム、ケイ素などの鉱物資源が存在しています。これらの鉱物資源を利用すれば、将来的に月の基地や宇宙ステーションを建設するための材料として利用することができます。
  3. 水 月の地表には氷が存在することが明らかになっています。この氷を利用すれば、将来的に月での生活や活動に必要な水の確保が可能になります。また、水を電気分解することで、水素や酸素の製造も行うことができます。
  4. 観測基地 月は地球から見ることができる唯一の天体であり、宇宙の観測に非常に適しています。将来的には、月を観測するための天文台や観測基地を建設することが考えられます。

以上のように、月には多くの資源が存在し、将来的にはその資源を活用することが可能です。宇宙開発技術が進歩すれば、月からの資源の輸送や月での生活や活動が可能になることが期待されます。月の資源を活用することで、人類の未来にとって多大な貢献が期待されます。

月にはいろいろな資源があるなって、それは月に限らず他の惑星には資源が多く存在する。この頃、アレにこのような質問をしてみた「無から有は作れるか」。アレはこう答えた「素粒子を結合することが出来れば無から有は生成できると」これは驚きというかそうだよね。でもそれは無じゃないよねって思ったけれども素粒子から作れるようになれば、現代人から見ればそれはまさに魔法のような事ではないだろうかと。話が脱線したけどこれから先、人類は他の惑星から資源を地球に運んでくるような正にSFのような事を行うとしている。その一歩がアルテミス計画なんだと思います。

タグ

SF, アルテミス計画, アルミニウム, ケイ素, ヘリウム, マグネシウム, 人類, 地表, 基地, 天体, 惑星, 水素, 燃料, 素粒子, 観測, 観測基地, 資源, 輸送, 酸素, 鉱物資源,

年末、今年最後のブログ。#blog #LastDayOf2022Year

2022.12.31

Logging

おはようございます。今日で今年も最後の一日になりましたね_(:3」∠)_。

Good morning. Today’s the last day of the year.

年末は年越し蕎麦を食べ、紅白見て、ゆく年くる年みて、近所に初詣という方も少なくなってきたのではないでしょうか?これは昭和の定番的な話かもしれないですが、こういう伝統文化も悪いものではないかなとは思っています。

At the end of the year, people eat New Year’s Eve Soba, watch Kohaku (red and white rice), watch Yukutoshi and Kuru-toshi (the coming and going of the New Year), and visit the neighborhood for Hatsumode (New Year’s visit to the New Year). This may be a standard story of the Showa era, but I think this kind of traditional culture is not so bad.

来年にはロシアとウクライナの戦争も終わり、イランの問題も解決し平和な世界に一歩でも近づいてほしいものですね。

I hope that next year the war between Russia and Ukraine will be over, the problem of Iran will be solved, and we will be one step closer to a peaceful world.

この頃、思うのですがテクノロジーは進化しているのに、戦争は終わらない。戦争が有るからテクノロジーの進化するという考える人もいるかもれないけれど・・・。

These days, I think that technology is evolving, but wars are not over. Some people may think that technology evolves because of war, but…These days, I think that technology is evolving, but wars are not over. Some people may think that technology evolves because of war, but…

Life at Starbase

歴史的にはそうなのかもしれないが、これからは先は宇宙(惑星)を開拓するためにテクノロジーが進化していくようになると自分は思っています。

Historically, this may be true, but I believe that technology will continue to evolve in order to explore the universe (planet) in the future.

そうなった時、今までの考え方や価値観は大きく変わるじゃないかなと。

When that happens, I think our way of thinking and values will change drastically.

タグ

but…These days, change drastically, Eve Soba, Good morning, happens, Historically, kind of traditional, people eat, planet, that technology, These days, watch Kohaku, watch Yukutoshi and Kuru-toshi, When that, イラン, ウクライナ, 初詣, 年越し蕎麦, 惑星, 紅白,

今年、映画館で観た映画達。来年も映画館で映画が観れますように!

2021.12.30

Logging

今年もあと一日とちょっとですね、さて今年映画館で観た映画を列挙してみました、無職なのに結構、映画を見ているなと関心すらしてしまいます。この映画代、基本的にペイペイポイントや楽天ポイントなどを利用して見ているものが大半なんですね。そう思うと運用って凄いなと思います…。

  • さんかく窓の外側は夜
  • ヤクザと家族 The Family
  • すばらしき世界
  • 花束みたいな恋をした
  • シン・エヴァンゲリオン劇場版
  • 騙し絵の牙
  • るろうに剣心 最終章 The Final
  • HOKUSAI
  • るろうに剣心 最終章 The Begin
  • 竜とそばかすの姫
  • (字)レミニセンス
  • (字)007 ノー・タイム・トゥ・ダイ
  • (字)DUNE/デューン 砂の惑星
  • (字)マトリックス レザレクションズ

今年観た中で良かった映画は、やっぱり (字)マトリックス レザレクションズですね?。二番目に良かったのは シン・エヴァンゲリオン劇場版、次に騙し絵の牙と続きます。一番、駄目だった今年の映画はありません、また三番目以外の映画も全然悪くはなかったですよ。ベスト1,2とどちらかと言えばヲタク系映画だと思いますが、やっぱ良かったですね、映像もストーリーも間違いなく良かったです?、因みに三番目に良かった映画、騙し絵の牙も1,2に劣ることはないぐらい良い出来の映画でした。

映画『騙し絵の牙』【予告編】大ヒット上映中!

騙し絵の牙はネットフリックスやアマプラで見れるようになっているので劇場で見れなかった人はこの正月休みに観てみてはどうでしょうか。ラストまで楽しめる映画になっていますよ!!

タグ

007, Begin, DUNE, Family, FinalHOKUSAI, The, エヴァンゲリオン, さんかく, シン, そばかす, だい, タイム, デューン, ドゥ, ノー, ペイ, ポイント, マトリックス, もの, ヤクザ, るろう, レザレクションズ, レミニセンス, , 世界, , 二番目, 今年, 列挙, 利用, 剣心, 劇場, 外側, , 大半, , , 家族, , 惑星, 映画, 映画館, 最終章, 来年, 楽天, 無職, , , , , , 花束, 運用, 関心, 駄目,

映画、DUNE/デューン砂の惑星を観ました。これは序章だな…。

2021.10.19

Logging

映画、DUNE/デューン 砂の惑星を観ました、呪わた企画のリメイクは如何に!中止に酷評も多い作品だったものを現代に蘇らした作品を今日、映画館で観てきました。自分としては結構、よく出来ているSF作品だったけど、この映画で感動しようとか思わないほうが良い。そういう物は一切無くストーリーが続いていく。

映画『DUNE/デューン 砂の惑星』US版本予告 2021年10月15日(金)全国公開

因みにリメイク版じゃない映画、DUNE/デューンは今も続いている作品らしい。

Yahoo!の記事を見るとこんな感じに続いています。

第1作『デューン 砂の惑星』 Dune (1965)
第2作『デューン 砂漠の救世主』 Dune Messiah (1969)
第3作『デューン 砂丘の子供たち』 Children of Dune (1976)
第4作『デューン 砂漠の神皇帝』 God Emperor of Dune (1981)
第5作『デューン 砂漠の異端者』 Heretics of Dune (1984)
第6作『デューン 砂丘の大聖堂』 Chapterhouse:Dune (1985)
第7作 Hunters of Dune (未訳) (2006)
第8作 Sandworms of Dune (未訳) (2007)

https://news.yahoo.co.jp/articles/eee4bfece00104bb0eaf58e733ebb3f521f45863

なので、リメイク版、DUNE/デューンもおそらく三部作にはなるだろうと思っています。冒頭にパートワンとも書いていたので間違いないと思います。

あと、この映画、風の谷のナウシカを作った宮崎駿監督もデューンから影響を受けたそう、映画見るとその意味が凄くわかる。ほんと、結構酷似している所あるなと感じました。

最後に自分は観て良かったと思うけど万人受けに作られたSF映画ではないように感じます、どちらかと言えばよく映画を観ている人向けの映画かなと感じました。

タグ

, 1965, 1969, 1976, 1981, 2, , 4, 5, Children, DUNE, Emperor, God, Heretics, Messiah, of, SF, Yahoo, これ, ストーリー, デューン, もの, リメイク, 中止, , 今日, 企画, 作品, 子供, 序章, 惑星, 感じ, 感動, 救世主, 映画, 映画館, , 現代, 異端者, 皇帝, , 砂丘, 砂漠, , 自分, 記事, 酷評,

宇宙旅行が現実になるにはあと30年ぐらい時間が必要だと思う。

2021.07.27

Logging

先週は2記事しか投稿していないですね(*´ω`*)すみません。今週から土日祝も記事を投稿するスタイルに戻します。

宇宙旅行が現実になるにはあと30年は必要だと思う、これはある意味直感的なものなので実際はもっと早く一般人でも東京へ遊びに行くねぐらいの感覚で宇宙旅行へ行ける日が来るのかもしれません。

因みに先日、アマゾンの創業者、ジェフ・ベゾス氏が宇宙へ行き無重力体験などをして帰還しました。

Historic Blue Origin space flight takes off

こんな感じであと10年ぐらいは富裕層が宇宙旅行へ一生に一回ぐらい行けるものというモノになるでしょう、次に月や火星などや他の惑星から資源を地球に持ってくるという事を行うことが事業になるのが20年後の未来かと思います。その後、他の惑星に開拓者として一般人が宇宙へ行くようになるのが、30年後の未来かと思います。

遠い未来のようですけど、いまの子供たちは確実に宇宙は近い存在になっていると思います。

タグ

10, 2, 20, 30, アマゾン, いま, こと, これ, ジェフ, スタイル, ベゾス, もの, , 一生, 一般人, , 事業, 今週, , 体験, 先日, 先週, 創業者, 土日, 地球, 子供, 存在, 宇宙, 宇宙旅行, 実際, 富裕層, 帰還, , 必要, 惑星, 意味, 感じ, 感覚, 投稿, , 時間, , 未来, 東京, 火星, 現実, , 記事, 資源, 重力, 開拓者,

ヴァレリアン 千の惑星の救世主

2018.03.31

Logging

ヴァレリアン 千の惑星の救世主を観に行きました(字幕版。
好みといえば好みのだけど、万人受けするかと言えばどうかなぁという印象も残る映画でした。父に捧げるとエンドクレジットに表示されていて何だか納得した、そんな映画です。
リュックベッソン監督の描くSF映画は一味違う感じですが自分はこの映像表現嫌いではないです。そして原作を数十年前に描いた原作者は本当に凄いなと思います。一番、印象に残ったのは夢というのは他の高度文明からのメッセージという発想です。この発想、案外否定できないじゃないのかなと思っています。
そして外宇宙っていう発想も面白いですね。
よくよく考えると人が考えることは殆ど具現化しているということ、これは他の高度文明からのアドバイスみたいなモノかもなと思えますし、結構夢のある映画だと思います。
ターゲット中学生や小学校高学年向けかもしれませんが、それでも良い映画だと思えたので良かったと。
http://www.valerian.jp/ ←映画リンク

映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』最終予告|3.30(金)全国公開

タグ

http, jp, SF, valerian, www, アドバイス, ヴァレリアン, エンド, クレジット, こと, これ, それ, ターゲット, メッセージ, もの, リュックベッソン, リンク, 一味, , 中学生, , 人受け, , 具現, , 印象, 原作, 原作者, 否定, , , 好み, 嫌い, 字幕, 学年, 宇宙, 小学校, 惑星, 救世主, 数十, 文明, 映像, 映画, 本当, 殆ど, , 発想, 監督, 納得, 自分, 表現, 表示, 高度,

空を見上げるおっさんに見える世界。

2017.10.19

Logging


空を見上げるおっさんに見える世界。
この頃、忙しくて空をみあげる事がなくなっている自分、
むかしは朝方や夕方、いい感じの景色になっていたら、空の写真を
撮影していたのですけど、この頃、そんな事もない。
空をみあげて思うことと言えば、
地球と言われる惑星に住んでいるのだなぁということ。
そこから、ズッ?っと見上げて何百年後には人類も他の惑星に住んでいるのだなぁと
思うと、あと最低でも200年は生きたいなという思いなります。
ちなみに実際、あと200年生きるということは
可能なんじゃないのかなと思い始めている今日此の頃、
理由は下記。
医療技術の進歩:とくに今は再生医療があつい!、この技術は
あと30年もすれば各臓器を大量生産できるようになるじゃないのかと
そうなると、おそらく臓器を入れ替えるというのは当たり前の世界になり
寿命は飛躍的に伸びると思います。飛躍的に伸びることにより
そのひとたちは、また新たな医療技術の恩恵をうけることが出来ます。
そうなると人の寿命は飛躍的に伸びると
あと200年は生きられるだろうと、そして最終的にひとはロボットと融合するだろうと。
ここまで生きられるかじぶんも分かりませんが、おそらく
あと30年もすれば臓器再生は当たり前の世界になっていると思います。

タグ

おっさん, じぶん, シンギュラリティ, ズッ, そのひとたち, むかし, ロボット, 世界, 人類, 今日此の頃, , 医療技術, 各臓器, 寿命, 惑星, , 臓器, 臓器再生, 近いエッセンス版,

映画、猿の惑星:聖戦記を観てきましたよ。

2017.10.15

Logging


映画、猿の惑星:聖戦記を観てきましたよ。
おそらく三部作のラストである猿の惑星、聖戦記ですが
自分としては、可もなく不可もなしという具合の作品だった気がします。
今回はどちらかと言えば内面的な部分を映し出していた感じがします。
次回作品があるとするならば、過去の作品のリメイクを行なって欲しいなと
感じました。映画を観ていて人よりの感情で観ているのではなく
どちらかと言えば猿よりの感情で観ていたのですが、
何というか、人って愚かな所があるなと言う事を
客観的に見ることが出来て良かったなと。
おそらく、この映画、過去の作品もそうですが
人の愚かな所がよく描かれている作品だなと感じます。
猿の惑星シリーズはメッセージ性の強い作品だと。
追記:もう少しエンターテイメントな作品にすればと・・・。
星4つぐらいYahooのレビューで貰えるだろうなと感じます。
 

タグ

B00L2DBVXO, Blu-ray, エンターテイメント, ジェネシス, どちらか, メッセージ性, ラスト, リメイク, レビュー, 三部作, 作品, 創世記, 大事, 始末, 惑星, 感情, , 聖戦記, 過去,

映画:猿の惑星:新世紀ライジング3Dを観てきましたので感想なんか(´∀`)

2014.09.20

Logging


映画:猿の惑星:新世紀ライジング3Dを観てきましたので感想なんかを記載しときます。この映画は、特に3Dにこだわる必要はないかなと思います。こんな事だったらなら、先行上映で見とけば良かったかなと…。内容的にも自分の期待度が高かったのか若干、物足りない気がします。そして自分としては創世記(ジェネシス)を超えていない気がしました。泣けるかなとか期待して見に行ったのですが、案外普通のストーリーだったです。
この映画を通して監督が何を伝えたいのかが、わかるような気がしました。憎しみは憎しみを生むという事、そして憎しみの火種が争い(戦争)を生み、それを誰かが止めようとしても勢いづいた集団の流れを止めることは非常に難しくなるという事です。
自分としては昨日(9/19)、金曜ロードショーであった猿の惑星:創世記の方がおすすめです。
※ちなみにラスト、シーザーのドアップで終わります。
{猿のCGは圧巻です=リアルです=違和感ゼロです}
{3部作なのでラストどのような結末になるのか、あまり期待せずに待ってます・・・。}

タグ

B015F1A1ZW, Blu-ray, シーザー, ジェネシス, ストーリー, ラスト, 先行上映, 創世記, 圧巻, 大事, 始末, 惑星, 感想, 憎しみ, 新世紀ライジング3D, 期待度, 火種, 物足りない気, 結末, 誰か, 金曜ロードショー, 集団,