ネームスペースの利点はこれだと思っている。

ネームスペースの利点はこれだと思っている。
複数人で開発とかしているときに関数名やクラスなどが
かぶってしまう可能性ある、そういうのを
解決してくれるのがネームスペースということです。

<?php
namespace test\demo;

class test{
    function demo():string
    {
        return "demo1\n";
    }
}

namespace test\demo2;
 
class test{
    function demo():string
    {
        return "demo2\n"; 
    }
  }

 

<?php
include_once "./index-6.php";

$demo = new  test\demo\test();
print $demo->demo();
$demo = new  test\demo2\test();
print $demo->demo();

PHP忘れてしまいそう。

こういう書き方とか書かなかったら忘れてしまいそうですね。
クラスの多重継承とか職場ではそもそもしない。Functionで十分な感じで
この頃、ろくなコードを書いていません。FunctionからFunctionへなんて
コードを書いてたりしています。

 

<?php

function demo1(int $val=0):int
{
    return 3 * 3 * $val;
}

print demo1(3);


class demo2
{
    public static function test1():string
    {
        return "ABC";
    }
}

$demo2  = "demo2";
print $demo2::test1();


trait demo3
{
    public static function test2($val=""){
        return $val;
    }
    
}

class demo4 
{
    public static function test3($val = "")
    {
        return $val;
    }
}

class demo5 extends demo4
{
    use demo3;
    public static function test4($val = "")
    {
        return $val;
    }
}

$demo5 = 'demo5';
print $demo5::test2(1);
print $demo5::test3(2);
print $demo5::test4(3);

PHPでバインドするこれでSQLの脆弱性が!?

上記の画像では脆弱性がある。

PHPでバインドするこれでSQLの脆弱性が解決してくれる?
こういう記述すると良さげ。
おまけでSQLデバッグ方法を書いとります。

<?php
$sql =<<<SQL
select * from demo where id = :id and namae = :hoge;
SQL;
$dbh = new PDO('mysql:host=localhost;dbname=test', $user, $pass);
$id = 123;
$hoge = "hoge";
$sth = $dbh->prepare($sql);
$sth->bindValue(':id', $id, PDO::PARAM_INT);
$sth->bindValue(':hoge', $hoge, PDO::PARAM_STR);
$sth->execute();

//mysql log?https://github.com/panique/pdo-debug:$sth->debugDumpParams();

$fval = array(
    ':id'=>1,
    ':name'=>"hoge"
);
$sth = $dbh->prepare($sql);
$sth->execute($fval);
print PdoDebugger::show($sql, $fval);
$sth->debugDumpParams();

PHPで怒られる怒られない2

PHPで怒られる怒られないの違いはさて何でしょうか?
selfの使い道がポイントです。selfは静的な要素だと動作し
$thisは動的な要素だと動作します。

<?php
class demo1 
{
    static function test1()
    {
        return __METHOD__.self::test2();
    }

    static function test2()
    {
        return __FUNCTION__;
    }


}

class demo2
{
    static function  test1()
    {
        return __METHOD__.self::test2();
    }

    function test2()
    {
        return __FUNCTION__;
    }

}
$demo1 = 'demo1';
print $demo1::test1()."\n";
$demo2 = 'demo2';
print $demo2::test1()."\n";

PHPのインターフェイスとやら簡単に言えば。

インターフェイスとはなんぞや?
簡単に言えばこのメソッド名は必ず使えです。
無ければエラーになります。
大規模な開発から中規模な開発時には一応必要かな?

 

<?php
interface  test1{
    public function test_11(int $val=1);
    public function test_12(string $val="000");
}



class demo implements test1{

    public function demo1(int $val=0){
        return $this->test_11($val);
    }

    public function test_11(int $val=1){
        return $val;
    }
    public function test_12(string $val=""){
        return $val;
    }    
}


$demo = new demo();
print $demo->demo1(111);

 

プロセス残してSSHログアウトする方法。

screenっていうコマンドを使用するとプロセス残してSSHログアウトする事ができます。ちなみにscreenというコマンドは仮想ウィンドが立ち上げる機能です。

まずscreenをインストールし、実行したいコマンドを実行します。
実行すると仮想ウィンドが立ち上がります。
立ち上がっている画面の確認はlsで確認することが可能。
その画面を読み込むときは-r を使用します。
lsで表示されているプロセスID(PID)を記入してコマンドを実行することで再接続することが可能となります。

yum -y install screen
screen php test.php
screen -ls
screen -r PID

さくらレンタルサーバーとかで制限以上のクロンタブ(crontab)を使う方法。

さくらレンタルサーバーとかで制限以上のクロンタブ(crontab)を使う方法
10年ぐらいまえのコードを見直して改善したコードが下記になります。
10年前はクラスを使わない方法で構築したのだけど、今回はクラスの概念を
使って構築。ここ何年かで自分のコーディングの技術は上がっているかといえば
そうでもないですが、昔よりかは技術の幅は広がっていると思いたいw
※qiita日付は数年前にUPしたのですけど、コード自体は10年前のコードです。

 

<?php
//五分置きのクロンを走らせてください。
//php5.6以上推奨? エラーの場合:explodeを見直してください 
class cronphp2{
    
    public $set = array(
            array("file"=>"/home/tool/test1.php","year"=>"*","month"=>"*","day"=>"*","hour"=>"*","minute"=>"*"),
            array("file"=>"/home/tool/test2.php","year"=>"2018","month"=>"7","day"=>"7","hour"=>"*","minute"=>"*/10"),
            array("file"=>"/home/tool/test3.php","year"=>"*","month"=>"*","day"=>"7","hour"=>"7","minute"=>"7")
        );
    
    
    function __construct(){
        if(is_array($this->set)){
            foreach ($this->set as $key => $value) {
  
                    if(!$this->chk($value["year"],"year"))continue;
                    if(!$this->chk($value["month"],"month"))continue;
                    if(!$this->chk($value["day"],"day"))continue;
                    if(!$this->chk($value["hour"],"hour"))continue;
                    if(!$this->chk($value["minute"],"minute"))continue;
                    if(!$value["file"])continue;       
                    $h = @shell_exec("/usr/local/bin/php -f ",$value["file"]);
                    print $value["file"];
                    var_dump($h);
                
            }
        }
    } 
    
    function chk($q1="",$q2=""){

        if(!$q1)return false;
        if(!$q2)return false;
        switch ($q2) {
            case "year":
            case "month":                
            case "day":   
                $ren = array("year"=>"Y","month"=>"n","day"=>"j");
                if($q1==="*"){return true;}
                if(is_numeric($q1)){
                    if((int)$q1 == date($ren[$q2])){return true;}
                }else{
                    return false;
                }
                break;
           case "hour":
           case "minute":
                $ren = array("hour"=>"H","minute"=>"i");
                if($q1==="*"){return true;}
                if(is_numeric($q1)){
                    if((int)$q1 == date($ren[$q2])){
                        return true;
                    }else{
                        return false;
                    }
                }else{
                    if(preg_match("/\*\//",$q1)){
                        $q = explode("*/",$q1)[1];
                        if(date($ren[$q2])%(int)$q==0){
                            return true;
                        }else{
                            return false;
                        }                       
                    }
                    return false;
                }
                break;
            default:
                return false;
                break;
        }
        
        return false;
     }
}
$crn = new cronphp2();