VBAオブジェクトを自動生成しイベントを付与する。

VBAオブジェクトを自動生成しイベントを付与する。
サンプルコードです。

ダウンロードはこちら
https://zip358.com/tool/sample.zip

Dim chg_class(0 To 5) As chg
Public Sub objset()
Dim obj_ctl As Control
Dim i As Integer
For i = LBound(chg_class) To UBound(chg_class)

    Set obj_ctl = UserForm1.Controls.Add("Forms.TextBox.1", "Box" & i)
    obj_ctl.Top = 10 + 20 * i
    obj_ctl.Width = 200
    obj_ctl.Height = 20
    obj_ctl.Text = "ここを変更してみて、またはダブルクリック(" & i & "番)"

    Set chg_class(i) = New chg
    chg_class(i).set_evn obj_ctl, i
    Set obj_ctl = Nothing
Next i
End Sub
Private WithEvents TextB As MSForms.TextBox
Private index_no As Integer
Public Sub set_evn(hoge_obj As MSForms.TextBox, hoge As Integer)
    Set TextB = hoge_obj
    index_no = hoge
End Sub
Private Sub TextB_Change()
    MsgBox TextB.Text 'UserForm1("Box" & index_no)
End Sub

Private Sub TextB_DblClick(ByVal Cancel As MSForms.ReturnBoolean)
    MsgBox TextB.Text 'UserForm1("Box" & index_no)
End Sub
Private Sub TextBox1_Change()
MsgBox TextBox1
End Sub

Private Sub CommandButton1_Click()

End Sub

Private Sub UserForm_Click()

End Sub

年賀状CSVを作りました。SJISで保存してください。

https://zip358.com/tool/nenga/

ブラウザ上で完結しています。
禁則処理などはありません、ただ純粋に入力したものが
CSV形式の文字列で出力されます。

これ何のために使えるかといえば
https://nenga.yu-bin.jp/

こちらのサイトで住所録を登録する際に使用できます。

タイトルにも描きましたがSJISの文字コードで出力をお願い致します、
また、データベースに保持などはしていないため
リロードしてしまうと全てのデータが消えてしまいます。

これを作った経緯。
自分が郵便年賀.jpで登録するのが面倒だったため作りました。

google NewsをRSSで取得してjsonで返却するPHPプログラム

//$_POST["cate"]...カテゴリ
//$_POST["sh"]...検索キーワード

if($_POST["cate"] and $_POST["sh"]){
    $cate = urlencode($_POST["cate"]);
    $sh = urlencode($_POST["sh"]);
    $res = simplexml_load_file("https://news.google.com/news/rss/headlines/section/q/$sh/$cate?ned=jp&hl=ja&gl=JP");
    rss($res);
}

function rss($obj=NULL){

    if(is_object($obj)){
        if($obj->channel->item){
            $cnt = 0;
            foreach ($obj->channel->item as $item) {

                $resj[$cnt]["title"] = (string)$item->title;
                $resj[$cnt]["link"] = (string)$item->link;
                $resj[$cnt]["pubDate"] = (string)$item->pubDate;
                $resj[$cnt]["description"] = (string)$item->description;
                $resj[$cnt]["source"] = (string)$item->source;
                $cnt++;
            }
        }
    }
    echo json_encode($resj);
}

google NewsをRSSで取得してjsonで返却するPHPプログラムです。
ご自由にご使用ください。

 

DropFTPを配布。

ドップして一つのファイルを転送するソフトを作りました。
こんなのどうしているのかと疑問を持つ人もいると思いますが
業務上、こんなソフトが要るという会社などもいるのではないかと
思いで作りました。

ダウンロードはこちらから
https://zip358.com/tool/DropFTP.zip

ソースコードは下記になります。
※FTP部分はWinSCPのライブラリを使用しています。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows.Forms;
using WinSCP;

namespace dropFTP
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        public Form1()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private void upbtn_Click(object sender, EventArgs e)
        {

            String err = "";

            if (hostText.Text == "") {
                err += "ホスト名が設定されていません\n";
            }

            if (idText.Text == "")
            {
                err += "IDが設定されていません\n";
            }

            if (passText.Text == "")
            {
                err += "passが設定されていません\n";
            }

            if (remText.Text == "")
            {
                err += "アップロード場所が設定されていません\n";
            }

            if (uplab.Text == "")
            {
                err += "アップロードファイルが設定されていません\n";
            }

            var RadioGroup = groupFTP.Controls.OfType<RadioButton>().SingleOrDefault(rb => rb.Checked == true);
            if (RadioGroup == null) {
                err += "アップロード環境が設定されていません\n";
            }

            if (err != "")
            {
                MessageBox.Show(err);
            }
            else {
                if (RadioGroup.Text == "FTP") {
                    upFTP();
                }
                if (RadioGroup.Text == "SFTP")
                {
                    upSFTP();
                }

            }
        }

            private int upFTP() {
            try
            {
                // Setup session options
                SessionOptions sessionOptions = new SessionOptions
                {
                    Protocol = Protocol.Ftp,
                    HostName = hostText.Text,
                    UserName = idText.Text,
                    Password = passText.Text,
                    PortNumber =int.Parse(portText.Text)
                };

                using (Session session = new Session())
                {
                    // Connect
                    session.Open(sessionOptions);

                    // Upload files
                    TransferOptions transferOptions = new TransferOptions();
                    transferOptions.TransferMode = TransferMode.Binary;

                    TransferOperationResult transferResult;
                    if (remText.Text.EndsWith("/"))
                    {
                        transferResult = session.PutFiles(@uplab.Text, remText.Text, false, transferOptions);
                    }
                    else
                    {
                        transferResult = session.PutFiles(@uplab.Text, remText.Text + "/", false, transferOptions);
                    }
                    // Throw on any error
                    transferResult.Check();

                    // Print results
                    foreach (TransferEventArgs transfer in transferResult.Transfers)
                    {
                        MessageBox.Show("アップロードしました");
                    }
                }

                return 0;
            }
            catch (Exception e)
            {

                MessageBox.Show("Error: {0}" + e);
                return 1;
            }

        }
        private int upSFTP()
            {
                try
                {
                    // Setup session options
                    SessionOptions sessionOptions = new SessionOptions
                    {
                        Protocol = Protocol.Sftp,
                        HostName = hostText.Text,
                        UserName = idText.Text,
                        Password = passText.Text,
                        PortNumber = int.Parse(portText.Text),
                        GiveUpSecurityAndAcceptAnySshHostKey = true
                    };

                using (Session session = new Session())
                {
                    // Connect
                    session.Open(sessionOptions);

                    // Upload files
                    TransferOptions transferOptions = new TransferOptions();
                    transferOptions.TransferMode = TransferMode.Binary;

                    TransferOperationResult transferResult;
                    if (remText.Text.EndsWith("/")) { 
                        transferResult = session.PutFiles(@uplab.Text, remText.Text, false, transferOptions);
                    } else { 
                        transferResult = session.PutFiles(@uplab.Text, remText.Text + "/", false, transferOptions);
                    }
                        // Throw on any error
                        transferResult.Check();

                        // Print results
                        foreach (TransferEventArgs transfer in transferResult.Transfers)
                        {
                        MessageBox.Show("アップロードしました");
                        }
                    }

                    return 0;
                }
                catch (Exception e)
                {

                    MessageBox.Show("Error: {0}" + e);
                    return 1;
                }

            }

            private void Form1_DragDrop(object sender, DragEventArgs e) {
            //e.Effect = DragDropEffects.Copy;
            string[] fileName = (string[])e.Data.GetData(DataFormats.FileDrop, false);
            uplab.Text = fileName[0];

        }

        private void Form1_DragEnter(object sender, DragEventArgs e)
        {
            e.Effect = DragDropEffects.Copy;
        }

        private void radioSFTP_CheckedChanged(object sender, EventArgs e)
        {
            portText.Text = "22";
        }

        private void radioFTP_CheckedChanged(object sender, EventArgs e)
        {
            portText.Text = "21";
        }

        private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
        {
            this.FormBorderStyle = FormBorderStyle.FixedSingle;
            this.MaximumSize = this.Size;
            this.MinimumSize = this.Size;
        }
    }


}

さくらレンタルサーバーとXサーバーのMYSQLの規定

さくらレンタルサーバーとXサーバーのMYSQLの規定は下記になります。
個人で使用する場合、1G、多くて3Gもあればそんなに困らないとは思いますが
企業や仕事で商品データなどをMYSQLサーバーに保存しようとすると足りない。
さくらレンタルサーバーは9Gまで保証してくれるが、それでも足りないっていう
企業の方も多くいると思います。そんな場合はさくらレンタルサーバーだと
共有サーバーを諦めてワンランクアップしたマネージドサーバ(IP専用)を
考えてみると良いかもしれないです。
ちなみにXサーバーはビジネスタイプでも同じ規定です。

https://www.xserver.ne.jp/manual/man_db_spec.php

https://help.sakura.ad.jp/hc/ja/articles/206053142#db

 

jQueryの基礎1

世の中、javascriptへの原点回帰が進んでいますが
だからといって、jqueryが無くなるかといえばそうでもない気がします。

トイウコトデ、jqueryの基礎的なデモページを作成しました。
ご参考程度どうぞ。
これから毎週1回以上、プログラムのデモ的な内容をUPしていきます。
自分の勉強や復習の意味合いも兼ねています。
プログラム言語はPHP、JS、C#が主の掲載となります。

https://zip358.com/tool/demo1/demo1.php

$(function(){
    $(".alert.alert-danger").html("未記入です");
    $("input").keyup(function(){
        if($(this).val()){
            $(".alert.alert-danger").eq($("input").index(this)).html($(this).val());
        }else{
            $(".alert.alert-danger").eq($("input").index(this)).html("未記入です");
        }
    });
    $("input").blur(function(){
        if($(this).val()){
            $(".alert.alert-danger").eq($("input").index(this)).html($(this).val());
        }else{
            $(".alert.alert-danger").eq($("input").index(this)).html("未記入です");
        }
    });
    $("input").focus(function(){
        if($(this).val()){
            $(".alert.alert-danger").eq($("input").index(this)).html($(this).val());
        }else{
            $(".alert.alert-danger").eq($("input").index(this)).html("未記入です");
        }
    });    
});

Twitterの画像を抽出、非API

Twitterの画像を抽出、非API

Goutteライブラリを使用してTwitterのメディアを抽出するだけで
APIを使用せずに17枚の画像が抽出することが可能。

これを改良してスクロールさせながらってのは出来ないのではないかな
特にVPSじゃないレンタルサーバーなどでは不可能じゃないのかと思います。

require_once './vendor/autoload.php';
use Goutte\Client;
$client = new Client();
$crawler = $client->request('GET','https://twitter.com/xxxx/media');

$img = $crawler->filter(".AdaptiveMedia-photoContainer.js-adaptive-photo img")->each(function ($node){
return $node->attr('src');
});