Javascript~ EVENT処理の際に引数を渡す。

Javascript~ EVENT処理の際に引数を渡す方法。
ちなみにもっと簡略化できます。

//NG
$(function(){
    let hoge = "test";
    $("input[type='text']").on("change",(function(hoge){
        console.log(hoge);
    })(hoge));
});

//OK!
//js
function hoge(a){
    return function(){
        console.log(a +  this.value);
    };
};
document.querySelector('input[type="text"]').addEventListener("click",hoge("aaaaaaa~"),false);

//jq
$(function(){
    let hoge = function(a){
        return function(){
            console.log(a + $(this).val());
        };
    };
    $("input[type='text']").on("change",hoge("test="));
});

Standard PHP Library(SPL)というライブラリーには便利な関数が入っている。

The Standard PHP Library (SPL) は、標準的な問題を解決するためのインターフェイスやクラスを集めたものですと公式ページに書かれている通り
便利な関数です。例としてspl_autoload_registerを紹介。
ぐぐるとどんな機能なのか書かれているので割愛してます。

<?php
spl_autoload_register(function($name){
    include __DIR__ . DIRECTORY_SEPARATOR ."class" . DIRECTORY_SEPARATOR . $name . '.php';
});

$class_demo = new class_demo();

ネームスペースの利点はこれだと思っている。

ネームスペースの利点はこれだと思っている。
複数人で開発とかしているときに関数名やクラスなどが
かぶってしまう可能性ある、そういうのを
解決してくれるのがネームスペースということです。

<?php
namespace test\demo;

class test{
    function demo():string
    {
        return "demo1\n";
    }
}

namespace test\demo2;
 
class test{
    function demo():string
    {
        return "demo2\n"; 
    }
  }

 

<?php
include_once "./index-6.php";

$demo = new  test\demo\test();
print $demo->demo();
$demo = new  test\demo2\test();
print $demo->demo();

PHP忘れてしまいそう。

こういう書き方とか書かなかったら忘れてしまいそうですね。
クラスの多重継承とか職場ではそもそもしない。Functionで十分な感じで
この頃、ろくなコードを書いていません。FunctionからFunctionへなんて
コードを書いてたりしています。

 

<?php

function demo1(int $val=0):int
{
    return 3 * 3 * $val;
}

print demo1(3);


class demo2
{
    public static function test1():string
    {
        return "ABC";
    }
}

$demo2  = "demo2";
print $demo2::test1();


trait demo3
{
    public static function test2($val=""){
        return $val;
    }
    
}

class demo4 
{
    public static function test3($val = "")
    {
        return $val;
    }
}

class demo5 extends demo4
{
    use demo3;
    public static function test4($val = "")
    {
        return $val;
    }
}

$demo5 = 'demo5';
print $demo5::test2(1);
print $demo5::test3(2);
print $demo5::test4(3);

PHPで怒られる怒られない2

PHPで怒られる怒られないの違いはさて何でしょうか?
selfの使い道がポイントです。selfは静的な要素だと動作し
$thisは動的な要素だと動作します。

<?php
class demo1 
{
    static function test1()
    {
        return __METHOD__.self::test2();
    }

    static function test2()
    {
        return __FUNCTION__;
    }


}

class demo2
{
    static function  test1()
    {
        return __METHOD__.self::test2();
    }

    function test2()
    {
        return __FUNCTION__;
    }

}
$demo1 = 'demo1';
print $demo1::test1()."\n";
$demo2 = 'demo2';
print $demo2::test1()."\n";

PHPのインターフェイスとやら簡単に言えば。

インターフェイスとはなんぞや?
簡単に言えばこのメソッド名は必ず使えです。
無ければエラーになります。
大規模な開発から中規模な開発時には一応必要かな?

 

<?php
interface  test1{
    public function test_11(int $val=1);
    public function test_12(string $val="000");
}



class demo implements test1{

    public function demo1(int $val=0){
        return $this->test_11($val);
    }

    public function test_11(int $val=1){
        return $val;
    }
    public function test_12(string $val=""){
        return $val;
    }    
}


$demo = new demo();
print $demo->demo1(111);

 

PHPで怒られる怒られない。

PHPで怒られる書き方と怒られない書き方です。
下記のコードを参照ください。

<?php

class demo_php1{

    function demo1($val=""){
        return $val;
    }

    public function demo2($val=""){
        return $val;
    }

    static function demo3($val=""){
        return $val;
    }
}

print demo_php1::demo1("DEMO1\n");
print demo_php1::demo2("DEMO2\n");
print demo_php1::demo3("DEMO3\n");

下記のようにインスタンス(instance)すればこのコードはすべて怒られないです
それだけの違い。ちなみにdemo3は怒られない書き方です。

オブジェクトを単体で使う場合は気をつけましょう。
PHPのバージョンアップするにつれjavaのような動きになってきています。
PHP、Pythonに負けないようにかこの頃開発が活発化してます。
最新はPHP7.4ですからね・・・。

$demo_php1 = new demo_php1();
print $demo_php1->demo1("DEMO1\n");
print $demo_php1->demo2("DEMO2\n");
print $demo_php1->demo3("DEMO3\n");

jQuery独自プラグイン基本サンプル2

忘れやすい自分のためにメモとして残しときます。

(function($){

    $.fn.smp = function (options) {
        var config = {
            text:"おいら"
        };

        var cfg = $.extend({}, config, options);

        cfg.text = cfg.text + "のお金";
        return $(this).html(cfg.text);
    };
})(jQuery);


$("#hoge1").smp({text:"ぼく"});
$("#hoge2").smp();