プログラマー35歳定年説は嘘だけど。

プログラマー35歳定年説は嘘だけど、35歳から初めて
プログラマーになろうとしている人は無謀に近いかもしれないので
オススメはしません。かなり賢い人ならOKだけどね。


あなたは今、38歳です。
今から職を辞めて次の職に就こうとしています。
あなたはどういう職を選びますか?

たぶん35歳以上になるといろいろと難しくなる。
なので今後のことを考えるだろう。

あの時の選択は間違っていなかったという思いになるのは
おそらく、地位や名声とかではなく楽しいとか面白いとか
という満足度なのかもしれないと、この頃思っています。

 

生き方。

今日は技術的な記事ではないです。
上記の動画をみていろいろ自分なりに生き方について考えました。

いま私生活を綴ったブログは別ブログに切り離して続けています。
Twitterなどで発信することを減らしました。今までの発信の仕方から
試行錯誤しながら変えていきます。

尚、動画から得たことはいろいろありますが、敢えて多くは書きません。一つ言えることは言葉は大事です、言葉を選んで使う大切さを痛感したという事です。

 

いろいろエディタやIDEを試してみてこれが良いかなと。

IDEとエディタの境目あたりで言えばATOMVisual Studio Codeですね。
IDEでPHPを使用するならばNetBeansかなと思います。
ATOMに関してはいろいろ試してみてこれだけのプラグインをインストールすれば
それなりに開発しやすいですよ。

auto-encoding
autocomplete
japanese-menu
linter-php
v-bootstrap4

これを入れてあとはPHPで開発するならばPHPのインストールも
お忘れなく。

ちなみにVisual Studio Codeの方が安定しています。
間違いなくシェアはこちらのほうが多いです。
会社でもVisual Studio Codeを使う人が多くなってきています。

サクサク動くので使用しやすいですね。
Visual Studio Codeでも上記と同じようなことがプラグインや
基本設定から可能です。

特に開発環境がUTF-8だけではない環境の方は
基本設定のここをONにしてあげると便利です。

“files.autoGuessEncoding”: true