大量データをDBに高速にインストールする方法。

LOAD DATA INFILE 'data.csv' INTO TABLE tblname FIELDS TERMINATED BY ',' LINES TERMINATED BY '\r\n';

この一行の命令で…かなり高速にインストールできます。
インストールする前に、ファイルのチェックを行い整合性などが
正しければ一括にインストールするという具合がよろしいかと思われます。

 

ドロップシッピングの大量データを入れ込むときに役立ちそうだ・・・。
自分あまりSQLの事を知らないですね。そろそろSQLの知識も増やそうと
思っています。

 

全ての定義済の変数を配列で返す

全ての定義済の変数を配列で返す関数です。
全てなのでとってきて欲しくないものまでも取ってきます。
なのでそういうのはunsetします。
ちなみに似たようなのでcompactという関数がPHPには存在します。

何に使用する場合に便利かは人それぞれ違いますが
自分の場合はテンプレートエンジンを使用するときに重宝してます。
テンプレートエンジン・・・TwigやSmartyなど

<?php

$a = "abc";
$b = array(1,2,3);
$c = 123;

$vars = get_defined_vars();
unset($_COOKIE);
unset($_POST);
unset($_GET);
unset($_FILES);
unset($GLOBALS);
foreach ($vars as $key => $value) {
    var_dump($key);
    var_dump($value);
}
//...
var_dump($vars);

 

ネームスペースの利点はこれだと思っている。

ネームスペースの利点はこれだと思っている。
複数人で開発とかしているときに関数名やクラスなどが
かぶってしまう可能性ある、そういうのを
解決してくれるのがネームスペースということです。

<?php
namespace test\demo;

class test{
    function demo():string
    {
        return "demo1\n";
    }
}

namespace test\demo2;
 
class test{
    function demo():string
    {
        return "demo2\n"; 
    }
  }

 

<?php
include_once "./index-6.php";

$demo = new  test\demo\test();
print $demo->demo();
$demo = new  test\demo2\test();
print $demo->demo();

プロセス残してSSHログアウトする方法。

screenっていうコマンドを使用するとプロセス残してSSHログアウトする事ができます。ちなみにscreenというコマンドは仮想ウィンドが立ち上げる機能です。

まずscreenをインストールし、実行したいコマンドを実行します。
実行すると仮想ウィンドが立ち上がります。
立ち上がっている画面の確認はlsで確認することが可能。
その画面を読み込むときは-r を使用します。
lsで表示されているプロセスID(PID)を記入してコマンドを実行することで再接続することが可能となります。

yum -y install screen
screen php test.php
screen -ls
screen -r PID